【ボイスメモ】データの保存場所について解説

この記事では、iPhone・iPad・Mac標準の音声録音アプリであるボイスメモの、データの保存場所について解説します。

iPhoneでの詳細手順

以下で、iPhoneにおける詳細手順を解説します。

手順の概要

アプリ内の下記のフォルダに保存されます。

  • 「すべての録音」→デフォルトの保存先
  • 自身で作成した「マイフォルダ」
  • 「よく使う項目」
  • 「最近削除した項目」

1.「すべての録音」へ保存

↓録音されたデータは自動的に「すべての録音」へ保存されます。


2.自身で作成した「マイフォルダ」へ保存

↓「マイフォルダ」にフォルダを自由に作成して保存できます。


「マイフォルダ」を作成する手順は以下です。

「マイフォルダ」を作成する手順

↓画面右下の「フォルダ追加」アイコンをタップします。


↓新規フォルダの名前を入力して、保存をタップします。


↓フォルダが作成されます。


「マイフォルダ」へ保存する手順

↓保存したいデータを右から左へスワイプします。


↓「フォルダ」アイコンをタップします。


↓保存したいフォルダを選択します。


↓選択したフォルダへ保存されます。


3.「よく使う項目」について

↓「よく使う項目」に追加することで、素早くデータを見つけることができます。


 

追加する手順は以下です。

「よく使う項目」へ追加する手順

↓追加したいデータを右から左へスワイプします。

↓「三点リーダー」をタップします。

↓「よく使う項目」をタップします。

↓「よく使う項目」に追加されます。

4.「最近削除した項目」について

↓削除したデータは一時的に「最近削除した項目」に保存されます。


 

「最近削除した項目」に残っている間はデータを復元できますが、「最近削除した項目」から削除すると完全に削除され復元できなくなります。

Tips.ファイルアプリにも保存可能

↓ファイルアプリへ保存することで、録音データをiMovieなどの動画編集ソフトで使用できます。


 

↓ファイル形式は.m4aになります(画像はMacBookで表示したものです)。


 

保存する手順は以下です。

ファイルアプリへ保存する手順

↓追加したいデータを右から左へスワイプします。

↓「三点リーダー」をタップします。

↓「”ファイル”に保存」をタップします。

↓保存先のフォルダをタップ→画面右上の「保存」をタップして完了です。

Macでの詳細手順

以下で、Macにおいてデータをマイフォルダへ移動する方法を解説します。

手順の概要

移動先のフォルダへドラッグ&ドロップします。

1.ドラッグ&ドロップをして移動完了

↓移動したい録音データをドラッグ→移動先のフォルダへドロップします。



↓マイフォルダへ移動されます。