【Twitter】パスワード忘れてログインできないときの対処法

この記事では、iPhoneのTwitter Appでパスワード忘れてログインできないときの対処法について解説します。

メールアドレス・電話番号で本人確認を行いパスワードを変更する

結論

左上のプロフィールアイコンをタップ→「作成済みのアカウントを使う」→「パスワードを忘れた場合はこちら」→アカウントに登録していたメールアドレスor電話番号で本人確認を行い、パスワードを変更することで再ログインできるようになります。

  • 登録していたメールアドレス・電話番号は本人確認のために必須となります。
  • ユーザー名(@以下)は忘れてしまっていてもパスワード変更の手順に差し支えありませんでした。

詳細手順

以下に、詳細手順を紹介します。

1.「作成済みのアカウントを使う」→「パスワードを忘れた場合はこちら」をタップする

↓Twitterホーム左上のプロフィールアイコンをタップします。


 

↓アカウント追加のアイコンをタップします。


 

↓「作成済みのアカウントを使う」をタップします。


 

↓「パスワードを忘れた場合はこちら」をタップします。


2.本人確認を行いパスワードを変更→ログインが可能になる

↓アカウントに登録していたメールアドレス・電話番号・ユーザー名(@以下)のいずれかを入力します(例:ユーザー名を入力)。


 

↓本人確認のコード送信先を選択(登録してあるメールアドレスor電話番号)→「次へ」をタップします。


メールアドレス・電話番号・ユーザー名のいずれを入力しても、確認コードを送信するメールアドレスor電話番号の選択画面に推移します。

 

↓送信されてきたコードを入力→「次へ」をタップします。


 

↓新しいパスワードを入力→「パスワードを変更」をタップします。


 

↓パスワードを変更した理由を選択して「次へ」をタップします。


 

↓パスワードが変更され、アカウントにログインできるようになります。


Tips.登録されているメールアドレス・電話番号・ユーザー名をログイン中に確認する方法

↓「設定とサポート」を開く→「設定とプライバシー」をタップします。


 

↓「アカウント」をタップします。


 

↓「アカウント情報」をタップします。


 

↓登録しているメールアドレス・電話番号・ユーザー名を確認できます。