【システム環境設定】PDFなどをオフラインで翻訳する設定方法

この記事では、PDFなどのテキストデータをオフラインで翻訳する設定方法について解説します。

「言語と地域」の「翻訳言語」で設定可能

■結論

Macでは、デフォルトの状態ではオフラインで翻訳機能を使用することができません。

オフライン状態で翻訳機能を使用するためには、システム環境設定の「言語と地域」→「翻訳言語」で翻訳したい言語と翻訳元の言語をダウンロードし、オンデバイスモードに設定することで使用できるようになります。

【前提の確認:PDFの翻訳】

  • オンラインの場合

↓問題なく翻訳できます。

 

  • オフラインの場合

↓「“翻訳”は現在使用できません。」と表示され、翻訳できません。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「言語と地域」→「翻訳言語」で言語をダウンロードする

↓「言語と地域」をクリックして設定画面を表示します。

 

↓画面下部の「翻訳言語」をクリックします。

 

↓「ダウンロード可能な言語」から翻訳したい言語『日本語』と翻訳元の言語『英語(アメリカ)』を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

 

↓ダウンロードが完了すると以下のように表示されます。

2.「オンデバイスモード」に設定して完了

↓「オンデバイスモード」にチェックを入れる→「完了」をクリックして設定完了です。

オフライン状態で翻訳を確認

↓オフラインの状態でテキストデータを選択して翻訳します。

 

↓問題なく翻訳できます。

Tips.オンライン復帰後のSafariとPDFにおける挙動の違い

  • SafariやSiriの翻訳
    →オンライン翻訳が優先される
  • PDFやメモアプリなどのテキストデータの翻訳
    →オフライン翻訳が優先されるため、やや正確性に欠ける翻訳となる

SafariやSiriの翻訳については、デフォルトでオンライン翻訳の設定が優先されます。

したがって、オフラインからオンラインに復帰した後に特に設定し直す必要はありません。

しかし、PDFやメモアプリなどのテキストデータの場合は、オンライン復帰後も“オフライン翻訳が優先される”ため、設定し直す必要があります。

オンライン翻訳を優先するためには、オンデバイスモードをOFFにします。

↓システム環境設定→「言語の地域」→画面下部の「翻訳言語」をクリックします。

 

↓「オンデバイスモード」のチェックを外す→「完了」をクリックすることでオンライン翻訳が優先されます。