【Mac】Touch IDの設定方法

この記事では、Touch IDの設定方法について解説します。

※Touch IDが搭載されていないMacでは設定不可

システム環境設定の「Touch ID」で設定可能

■結論

システム環境設定の「Touch ID」で以下の設定が可能です。

  • 指紋の追加/削除
  • Touch IDの認証を許可する範囲の設定

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.システム環境設定の「Touch ID」をクリック→指紋を追加/削除する

↓「Touch ID」をクリックします。

↓新しい指紋を追加する場合は、「指紋を追加」をクリックします。

↓Macのパスワードが求められるので入力→「OK」をクリックします。

↓画面の指示に従って指を置き、指紋認証を行います。

↓認証が終わったら「完了」をクリックします。

↓新しい指紋(例『指紋2』)が追加されます

 

↓指紋を削除する場合は、指紋(例『指紋2』)にカーソルを合わせて「×」をクリックします。

↓確認画面が表示されるので「削除」をクリックして削除完了です。

2.Touch IDの認証を許可する範囲を設定して完了

↓「Touch IDを使用」の各項目にチェックし、Touch IDの認証を許可して完了です。

「Touch IDを使用」の各項目の詳細

  • Macのロックを解除:Mac起動時のロックをTouch IDで解除できます。
  • Apple Pay:Apple Payでの購入をTouch IDで承認できます。

Touch IDを使用したApple Pay(カード決済)の設定については以下の記事で解説しています。

【Mac】Touch IDでカード決済するための設定方法

  • iTunes Store、App Store、およびApple Books:Touch IDを使用して各Storeで買い物ができます。
  • パスワードの自動入力:Safariなどで、Touch IDを使用してユーザ名やパスワード、クレジットカード情報を自動入力できます。

→セキュリティ面を考慮して、Touch IDの認証を許可する範囲を設定すると良いでしょう。

Tips.ファストユーザースイッチにTouch IDを使用する設定

↓「ファストユーザスイッチにTouch IDセンサを使用」にチェックを入れると、Touch IDを使用してMacのユーザアカウントを切り替えることができます。

ファストユーザスイッチとは?

家族など、1台のMacを複数のユーザで使用している場合、同時に複数のユーザがログインしているときに素早くユーザアカウントを切り替えられることができます。

  • 例:Aさんのアカウントで使用していたMacを、息子のBさんが自身のアカウントに切り替えて使用する

→BさんがTouch IDセンサに自身の指紋をタッチすると、AさんのアカウントからBさんのアカウントに素早く切り替わり、Bさんは自身のアカウントでMacを使用できます。