【システム環境設定】Siriの設定方法

この記事では、システム環境設定におけるSiriの設定方法について解説します。

システム環境設定の「Siri」で設定可能

■結論

システム環境設定の「Siri」で以下の項目を設定できます。

  • Siriの有効/無効
  • “Hey Siri”で起動する
  • ショートカットのカスタマイズ
  • 言語
  • Siriの声:男性or女性
  • 音声でのフィードバックのON/OFF
  • 履歴の削除
  • メニューバーの表示/非表示

具体例

↓「Siri」をクリックして設定画面を表示します。

 

以下に各設定の具体例を紹介します。

1.Siriを有効にする

↓「“Siriに頼む”を有効にする」にチェックを入れるとSiriが有効になります。

 

↓無効にする場合は、チェックを外すと確認の表示が出るので「オフにする」をクリックします。

 

↓Siriが無効の状態で再度有効にしたい場合は、チェックを入れる→確認の表示が出たら「有効にする」をクリックします。

2.Siriの起動条件を設定する

“Hey Siri”と話しかけて起動する

↓「“Hey Siri”を聞き取る」にチェックを入れます。

 

↓「続ける」をクリックすると音声認識が始まります。

 

↓画面の表示に従ってMacに話しかけていきます。

この後、音声認識を4回繰り返します。

↓最後の音声認識が終了すると、準備完了の画面になるので「完了」をクリックします。

以上で、Macに“Hey Siri”と話しかけたときにSiriが起動するようになります。

ロック中にSiriの起動を許可する

「“Hey Siri”を聞き取る」を有効にすると設定できるようになります。

↓「ロック中にSiriを許可」にチェックを入れると、Macがロック中またはスリープモードの状態でも、“Hey Siri”と話しかけるとSiriが起動するようになります。

また、Siriに要求した内容によってはMacのロックを解除する必要があります。

3.Siriを起動するショートカットを設定する

↓「ショートカット」のポップアップメニューを開きます。

 

↓以下からショートカットを選択して完了です。

4.Siriの音声を設定する

言語

↓「言語」のポップアップメニューを開きます。

↓言語を選択して完了です。

声(男性/女性)

↓「Siriの声」の「声1」または「声2」から選択します。

「声1」は男性、「声2」は女性の声になります。

Tips.設定時の注意点

声を選択したときに実際にSiriの音声が流れるので、周りの環境には注意しましょう。

5.音声フィードバックをONにする

Tips.音声フィードバック→Siriの音声による回答のこと
↓ 「音声フィードバック」の「オン」をクリックします。
↓音声フィードバックを「オフ」にした場合、Siriの回答はウィンドウのみで表示され、音声が出ることはありません。

6.Siriの履歴を削除する

↓「Siriの履歴」の「Siriと音声入力の履歴を削除」をクリックします。

 

↓確認画面が表示されるので、「削除」をクリックして履歴の削除は完了です。

7.メニューバーに表示する

↓「メニューバーにSiriを表示」にチェックを入れる→メニューバーにSiriのアイコンが表示されます。

メニューバーのアイコンをクリックするとSiriを起動することができます。