【Mac】アプリ使用時にカメラ・マイクなどをアクセス許可する設定方法

この記事では、アプリを使用する際、そのアプリにMacのカメラやマイクなどの使用を許可する(アクセス許可する)ための設定方法を解説します。

システム環境設定の「セキュリティーとプライバシー」で設定可能

■結論

「セキュリティーとプライバシー」→「プライバシー」で設定できます。

機能(カメラ、マイクなど)とアプリを選択してアクセスを許可します。

【Tips.以下の問題解決に役立ちます】

  • LINEやZOOMなど、カメラやマイクが関わるアプリの使用時に間違ってカメラやマイクの使用許可を“いいえ”にしてしまった場合、この設定で対処できます。
  • アプリ使用時の「カメラが起動しない」「カメラが映らない」「マイクが認識しない」といったトラブルの解決手段になります。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「セキュリティとプライバシー」をクリック→「プライバシー」でアクセス許可を設定して完了

↓「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

↓「プライバシー」をクリックします。

↓機能(例『マイク』)を選択→アクセスを許可するアプリ(例『ZOOM』)をチェックして完了です。

ロックを解除しないとアクセス許可できない機能がある

以下の機能は、ロックを解除しないとアクセス許可の設定ができません。

  • 位置情報サービス
  • アクセシビリティ
  • フルディスクアクセス
  • 画面収録
  • 解析と改善

 

ロック解除が必要な場合の設定方法は以下です。

↓画面左下の「カギ」アイコンをクリックします。

↓パスワードを使用してロックを解除します。

↓機能(例『画面収録』)を選択→アクセス許可するアプリ(例『LINE』)をチェックします。

↓再度「カギ」アイコンをクリックし、ロックをしたら設定完了です。

Tips.Macのセキュリティを高める詳細設定

以下の設定ができます。

  • 指定した時間、Macを使用しない状態が続いた場合に、ユーザーを自動的にログアウトする
  • ロックされた(「カギ」のかかった)システム環境設定を、管理者パスワードがないと変更できない

 

設定手順は以下です。

↓画面左下の「カギ」アイコンをクリックします。

↓画面右下の「詳細…」をクリックします。

↓各項目にチェック&時間を設定→「OK」をクリックします。

↓再度「カギ」アイコンをクリックし、ロックをしたら設定完了です。