【Mac】通知音の設定方法

この記事では、通知音(サウンドエフェクト)を設定する方法について解説します。

システム環境設定の「サウンド」で設定可能

■結論

システム環境設定の「サウンド」→「サウンドエフェクト」で通知音の設定ができます。

【通知音とは?】

通知音は以下の状況で再生されます。

  • 許可されていない操作を行おうとしたとき
  • Macがユーザの入力を要求したとき
  • 必要な情報が不足しているとき
  • Mac起動時の「ボーン」という音
  • ファイルを『ゴミ箱』にドラッグしたとき/『ゴミ箱』から戻したとき など

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「サウンド」をクリック→「サウンドエフェクト」で通知音を選択する

↓「サウンド」をクリックします。

↓「サウンドエフェクト」をクリック→「通知音を選択」のリストから選択してクリックします。

選択すると通知音が再生され、どのような音か確認できます。

2.サウンドエフェクトの設定をして完了

通知音が聞こえる場所を変更する

↓「サウンドエフェクトの再生装置」のポップアップメニューを開きます。

↓以下の項目から、通知音が聞こえる場所を選択します。

通知音の音量を変更する

↓「通知音の音量」のスライダを左右に移動して調整します。

Mac本体の主音量が基準となるため、Mac本体の音量を下げると通知音の再生音量も下がります。

その他の通知音設定

  • Mac起動時の通知音

↓「起動時にサウンドを再生」にチェックを入れると、Mac起動時に通知音(Appleマークが出たときの「ボーン」という音)が再生されます。

 

  • 特定の操作を実行したときの通知音

↓「ユーザインターフェースのサウンドエフェクトを再生」にチェックを入れると、特定の操作を実行したとき(ファイルを『ゴミ箱』にドラッグしたとき/『ゴミ箱』から戻したときなど)に通知音が再生されます。

Tips.Macの主音量の設定が可能

主音量の設定

↓「主音量」のスライダを左右に移動して、Mac本体の音量を調整します。

ミュート(消音)

↓「消音」にチェックを入れることで、Mac本体の音量をミュートできます。

メニューバーにサウンドアイコンを表示

↓「メニューバーにサウンドを表示」にチェック→ポップアップメニューを開いて「常に」または「使用中のみ」を選択→メニューバーにサウンドアイコンが表示されます。

↓メニューバーにアイコンを表示することで、Mac本体の音量の調整、通知音が聞こえる場所の設定、サウンド環境設定に素早くアクセスできます。