起動中アプリを一覧表示する方法【MissionControlの使い方】

この記事では、Mac標準機能である「Mission Control」を使って、起動中アプリを一覧表示する方法を解説します。

ウインドウを複数開いている場合に、画面背後に隠れてしまったアプリを見つけ出すのに便利です。

「Mission Control」の実行で、起動中アプリの一覧を表示可能

■結論

『control+カーソルキー(↑)』の押下でMission Controlを起動することで、開いているアプリを一覧表示できます。

また、システム環境設定でショートカットコマンドの変更など、各種設定を行うことができます。

詳細手順

以下に詳細手順を紹介します。

1.Mission Controlを起動する

『control+カーソルキー(↑)』の押下で「Mission Control」を起動できます。

↓起動しているアプリのウインドウを一つの画面内に全て表示します。

複数のウインドウが開かれているときに使用することで、目的のウインドウへ素早くアクセスできます。

2.「Mission Control」の各種設定方法

↓「システム環境設定」を起動し、「 Mission Control」をクリックします。

アプリ毎のグループ化設定

↓「ウインドウをアプリケーションごとにグループ化」するかどうか設定します。

 

↓「ウインドウをアプリケーションごとにグループ化」にチェックを入れた場合は以下のように表示されます。

ウインドウがアプリごとにまとめられます。

 

↓「ウインドウをアプリケーションごとにグループ化」のチェックを外した場合は以下のように表示されます。

ショートカットコマンド設定

※「Mission Control」の他に、「アプリケーションウインドウ」、「デスクトップの表示」のショートカットコマンドの設定を行うこともできます。

Tips .それぞれの機能の説明

  • Mission Control:起動しているアプリのウインドウを全て表示する
  • アプリケーションウインドウ:起動しているアプリの内、現在作業中(ポインタを合わせているアプリ)のウインドウのみを表示する
  • 「デスクトップの表示」:起動しているアプリのウインドウを全て隠して、デスクトップを表示する

<アプリケーションウインドウ>

↓起動しているアプリのウインドウの内、現在ポインタを合わせているアプリのウインドウのみを表示します。

画面下部には、指定したアプリで作成したその他のファイルも一覧で表示されます。

<デスクトップの表示>

↓起動しているアプリのウインドウを全て隠して、デスクトップを表示します。

起動しているアプリを閉じたりDockに格納しなくても、素早くデスクトップにアクセスできます。

デフォルトでは、

  • Mission Control→『control+カーソルキー(↑)』の押下
  • アプリケーションウインドウ→『control+カーソルキー(↓)』の押下
  • 「デスクトップの表示」は未設定

となっています。

↓キーボードのショートカットを設定する場合は左側のポップアップメニューを、マウスのショートカットを設定する場合は右側のポップアップメニューを開きます。

↓キーボードのショートカットは以下から選択できます。

↓マウスのショートカットは以下から選択できます。

Tips.操作スペース(追加のデスクトップ)を作成することが可能

↓Mission Controlを起動→画面左上の「+」アイコンをクリックします。

 

↓画面上部に追加のデスクトップ『デスクトップ2』が追加されます。

 

↓追加された『デスクトップ2』をクリックすると、ウインドウのない新しいデスクトップに切り替えることができます。

タスクの種類毎にデスクトップを割り当てることで、作業効率をUPさせることができるでしょう。