【Mac】言語と地域を設定する方法

この記事では、Macの言語と地域を設定する方法について解説します。

システム環境設定の「言語と地域」で設定可能

■結論

システム環境設定の「言語と地域」→「一般」で、メニューやポップアップに表示される言語、日付や時刻、通貨の書式を、「アプリケーション」でアプリごとに言語を設定することができます。

また、画像内のテキストを認識して選択できる「テキスト認識表示」機能のON/OFFも設定できます。

※「テキスト認識表示」機能は、英語、中国語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、広東語に対応しています。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「言語と地域」→「一般」で最優先の言語を設定する

↓「言語と地域」をクリックして設定画面を表示します。

 

↓「一般」をクリック→「優先する言語」に追加されている言語を確認します。

 

↓設定したい言語が追加されていない場合、画面左下の「+(追加)」アイコンをクリックします。

 

↓言語の一覧から追加したい言語『英語』を選択→「追加」をクリックします。

 

↓最優先の言語を変更するかどうかの確認画面が表示されるので、「英語に変更」をクリックします。

 

↓選択した言語『英語』が最優先の言語に設定されます(まだ設定は完了していません)。

 

↓システム環境設定のアプリを閉じようとすると、再起動を確認する画面が表示されるので、「今すぐ再起動」をクリックします(Mac全体の再起動なのでデータの保存などに注意してください)。

 

↓再起動が完了すると、Macの言語が選択した言語『英語』に変更されます。

 

Tips.言語を元に戻す方法

↓元に戻したい言語『日本語』を一番上にドラッグします。

 

↓システム環境設定のアプリを閉じようとすると、再起動を確認する画面が表示されるので再起動して完了です。

2.地域の設定をする

↓「地域」のポップアップメニューを開きます。

 

↓地域『アメリカ大陸』を選択→国『アメリカ合衆国』を選択します。

 

↓地域を設定すると、その他の設定項目がその地域に合わせたものに自動で変更されます(例:温度が『日本』の摂氏→『米国』の華氏に変更)。

3.その他の設定をする

暦法・時刻の書式・温度

↓各項目のポップアップメニューを開いて選択、または、チェックを入れて設定します。

テキスト認識表示機能

Tips.テキスト認識表示機能とは?

↓以下のように、画像内のテキスト『No Image』を認識してカーソルを合わせることができるため、テキストのコピーや翻訳をすることができます。

※テキスト認識表示は、英語、中国語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、広東語に対応

 

手順は以下です。

↓「画像内のテキストを選択」にチェックを入れます。

 

↓確認画面が表示されるので「OK」をクリックして設定完了です。

4.アプリごとの言語を設定をして完了

Mac全体ではなく、アプリごとに言語を変更したい場合に設定します。

↓「アプリケーション」をクリック→「+(追加)」アイコンをクリックします。

 

↓「アプリケーション」と「言語」のポップアップメニューを開いて、アプリ『Numbers』と言語『英語』を選択→「追加」をクリックします。

 

↓アプリ『Numbers』の再起動を確認する画面が表示されるので、「今すぐ再起動」をクリックします。

 

↓一覧に設定したアプリ『Numbers』と言語『英語』が表示されます。

 

↓選択したアプリ『Numbers』内のメニューなどが、設定した言語『英語』で表示されます(フォルダやファイル名以外)。

Tips.アプリごとの言語を変更する・元に戻す方法

↓言語を変更する場合は、言語のポップアップメニューを開いて新しい言語を選択します。

 

↓言語を元に戻す場合は、アプリをクリック→「−」アイコンをクリックします。

↓言語を変更する場合も、元に戻す場合も、アプリの再起動を促されるので「今すぐ再起動」をクリックして設定を保存します。