【Mac】入力言語の設定方法

この記事では、入力言語の設定方法について解説します。

「キーボード」の「入力ソース」で設定可能

結論

システム環境設定の「キーボード」→「入力ソース」タブで、言語の追加や入力ソースの変更、Caps lockキーの動作設定ができます。

また、キーボード入力時に、文字の自動変換がおかしくなった(変換の精度が下がってきた)場合、「入力ソース」から「変換学習」をリセットすることで対処できます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.システム環境設定の「キーボード」をクリック→「入力ソース」で入力言語の設定をして完了

↓「キーボード」をクリックします。


↓「入力ソース」タブを開きます。


入力言語の設定方法は以下です。

言語の追加と入力ソースの変更

↓画面左下の「+」ボタンをクリックします。


  1. 言語(例『英語』)を選択
  2. 入力ソース(例『ABC』)を選択
  3. 「追加」をクリックする

↓左側のリストから入力ソース(例『ABC』)を選択して完了です。


Caps lockキーの動作設定

↓「Caps lockの動作」のポップアップメニューを開きます。


↓動作(入力モード)を選択して完了です。


↓また、「Caps lockキーで最後に使用したラテン語系入力ソースと切り替える」にチェックを入れると、『Caps lock』キーの長押しで全ての文字を英字&大文字で入力できるようになります。


Tips .文字の自動変換がおかしくなった場合の対処法

↓「キーボード」をクリック→「入力ソース」の「編集」をクリックします。


 

↓自動変換がおかしい入力ソースをクリック(例:「日本語-ローマ字入力」)→「変換学習」の「リセット…」をクリックします。


 

↓確認のポップアップが表示されるので、「リセット」をクリックします。


 

↓「完了」をクリックすることで対処できます。