【システム環境設定】Dockの表示設定について解説

この記事では、システム環境設定におけるDockの表示設定について解説します。

「Dockとメニューバー」の「Dock」で設定可能

■結論

「Dockとメニューバー」→「Dock」で、以下の項目を設定できます。

  • Dockのサイズ
  • Dockにポインタを合わせた時にアイコンを拡大
  • 画面上でのDockの位置
  • ウィンドウをDockへしまう時のエフェクト
  • ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックした時の動作
  • ウィンドウをDockへしまう時の動作
  • アプリを起動する時にアイコンをジャンプさせる
  • Dockを隠す
  • 起動しているアプリのインジケータ表示
  • 最近使ったDockに含まれていないアプリをDockに表示する

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「Dockとメニューバー」をクリックして設定画面を開く

↓「Dockとメニューバー」をクリックします。

 

↓「Dock」で設定します。

2.Dockの各種表示設定を行い完了

Dockのサイズ

↓「サイズ」のスライダを左右に移動してDockのサイズを変更します。

サイズの例

 

Dockにポインタを合わせた時にアイコンを拡大

↓「拡大」にチェックを入れます。

 

↓スライダを左右に移動して拡大した時のアイコンサイズを設定します。

サイズの例

 

 画面上でのDockの位置

↓「画面上の位置」から選択します。

位置の例

 

 

ウィンドウをDockへしまう時のエフェクト

↓「ウィンドウをしまうときのエフェクト」のポップアップメニューを開きます。

 

↓「ジニーエフェクト」または「スケールエフェクト」のどちらかを選択します。

エフェクトの例

  • ジニーエフェクト

 

  • スケールエフェクト

直線的なエフェクトでDockに格納されます。

ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックした時の動作

↓「ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで」にチェックを入れる→ポップアップメニューを開きます。

 

↓「しまう」または「拡大/縮小」のどちらかを選択します。

↓タイトルバーとは、ウィンドウ上部のバーのことです。

  • 「拡大/縮小」を選択すると、ウィンドウのサイズを変更できます。
  • 「しまう」を選択すると、ウィンドウがDockへ格納されます。

ウィンドウをDockへしまう時の動作

  • 「ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう」にチェックを入れた場合

↓ウィンドウをDockへしまう時に、アプリアイコンへ格納されます。

 

  • 「ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう」のチェックを外した場合

↓ウィンドウをDockへしまう時にDockの端へ格納されるので、即座にアクセスすることができます。

アプリを起動する時にアイコンをジャンプさせる

↓「起動中のアプリケーションをアニメーションで表示」にチェックを入れます。

チェックを入れると、アプリを起動する時にアイコンがジャンプします。

Dockを隠す

↓「Dockを自動的に表示/非表示」にチェックを入れます。

  • チェックを入れた場合のDockの表示方法

Dockを配置している画面端へポインタを移動すると、隠れているDockが表示されます。

 

  • チェックを入れなかった場合

Dockは常に表示されます。

起動しているアプリのインジケータ表示

↓「起動済みのアプリケーションにインジケータを表示」にチェックを入れます。

インジケータとは?

起動しているアプリアイコンの下(横)に表示される点のことです。

この点を表示させることで、バックグラウンドで起動中のアプリがわかります。

最近使ったDockに含まれていないアプリをDockに表示する

↓「最近使ったアプリケーションをDockに表示」にチェックを入れます。

表示例:Dockに含まれていないアプリ『Final Cut Pro X』を起動した場合

  • アプリの起動前

 

  • アプリの起動後

↓アプリアイコンの端へ『Final Cut Pro X』のアイコンが表示されます。