【Mac】バッテリー使用時に消費電力を節約する設定方法

この記事では、バッテリー使用時(電源アダプタに接続していない時)に消費電力を節約する設定方法について解説します。

システム環境設定の「バッテリー」で設定可能

結論

システム環境設定の「バッテリー」で以下の設定をすることで、消費電力を節約することができます。

  • ディスプレイをオフにする時間
  • 低電力モード

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.システム環境設定の「バッテリー」をクリック→バッテリーの設定を確認する

↓「バッテリー」をクリックします。 ↓右側の「バッテリー」をクリック→バッテリー使用時のデフォルト設定を確認します。

2.バッテリー使用時の「ディスプレイをオフにする」時間を設定する

↓「ディスプレイをオフにする」のスライダを移動→スリープ状態になるまでの時間(例:『5分』)を設定します。

3.「低電力モード」を設定して完了

↓「低電力モード」にチェックをして設定完了です。

Tips.バッテリーの設定をデフォルトの状態に戻す方法 ↓右下の「デフォルトに戻す」をクリックすると、バッテリーに関する設定が全てデフォルトの状態に戻ります。