【リマインダー】アプリの概要を解説

この記事では、iPhone標準のタスク管理アプリであるリマインダーの概要について解説します。

リマインダーの概要

結論

やることリスト(To Doリスト)を作成できるiPhone標準のタスク管理アプリです。 タスクの種類毎にリストを作成できるので、仕事やプライベートの内容をまとめて管理できます。

サンプル

1.タスクの画面表示

↓画面上部にはスマートリスト(「今日」「日時設定あり」「すべて」「フラグ付き」「実行済み」のカテゴリー分けされたリスト)、画面下部には各タスクが表示されている「マイリスト」があります。


iOS16のアップデートにより「実行済み」のスマートリストが追加されました。

 

↓リスト内のタスクは以下のように表示されます。


 

↓タスクには「日付」や「時刻」、「メモ」、「URLの挿入」、「フラグ」、「優先順位」などの設定ができ、インデント設定でサブタスクの階層を作成できます。


2.タスクの詳細設定

↓該当タスクの「i」アイコンをタップします。


 

↓タスクの詳細を設定できます(例:「日付」や「時刻」を設定することで通知設定ができます)。


3.タスクの管理方法

↓タスクが完了した場合、各タスクの左側の「○」をタップします。


 

↓タスクがリストから消えます。


 

Tips.スマートリスト「実行済み」へ格納(iOS16アップデートより)

↓スマートリスト「実行済み」をタップします。


 

↓完了したタスク(実行済みのタスク)が表示されます。


4.リストをピン固定する方法(iOS16アップデートより)

↓該当のリストを右にスワイプ→ピンアイコンをタップします。


 

↓スマートリストに表示(ピン固定)されます。


複数のリストをピン固定できます。

 

↓ピン固定を解除する場合は、該当のリストをロングタップ→「ピン固定を解除」をタップします。


5.ウィジェットに対応

↓ウィジェットに対応しているので、すぐに確認したいリストをホーム画面に設定することができます。


6.カレンダーアプリとの同期はできない

2021年10月現在、iPhone標準のカレンダーアプリやGoogleカレンダーと同期することはできません。 リマインダーのアプリ内の通知設定やウィジェットでホーム画面に追加をすると良いと思います。

7.同じApple IDのデバイスと同期できる

同じApple IDでログインしているMacやiPadなどのリマインダーには自動的に同期されます。 ↓iPadのリマインダー画面です。


 

↓Macのリマインダー画面です