【iPhone】パスキーについて解説

この記事では、パスワードを使用せずWebサイトやAppに安全にサインインできるパスキーについて解説します。

WebサイトやAppのサインイン時にパスワードが不要

結論

  1. パスキーに対応しているWebサイトやAppに初めてサインインする時、「パスキーを保存しますか?」というポップアップが表示されるので、「続ける」をタップしてパスキーを保存します。
  2. 次回サインイン時より、「保存済みパスキーを使用してサインインしますか?」というポップアップが表示されるので、「続ける」をタップ→Face IDやTouch IDを利用してサインインできます。

※パスキーとは?

→対応しているWebサイトやAppにサインインする際、Face IDやTouch IDを利用してサインインする方法です(パスワード不要)。

サンプル

以下に、『au ID』の新規登録(サインイン)をサンプルとして紹介します。

1.初回サインイン時にパスキーを保存→次回サインイン時からパスワード不要

↓「パスキーを保存しますか?」というポップアップが表示されるので、「続ける」をタップします。


 

パスキーがiCloudキーチェーンに保存されるので、同じiCloudで紐づいている端末でサインインする際にパスキーを使用できるようになります。

↓次回サインイン時より、「保存済みパスキーを使用してサインインしますか?」というポップアップが表示されるので、「続ける」をタップ→Face IDやTouch IDを利用してサインインすることができます。