【Pages】タブの設定方法

この記事では、タブの設定方法について解説します。

「フォーマット」タブの「タブ」で設定可能

■結論
「フォーマット」タブ内の「レイアウト」タブをクリックして「タブ」を開きます。
「タブ」では「tab」キーを押下した時の間隔(タブ幅)を設定することができます。

設定できる項目は以下の通りです。

  • タブストップ(タブ幅)の設定
  • 配置:左揃え、中央揃え、右揃え、小数点揃え
  • リーダーの種類

詳細手順

以下に詳細手順を解説します。

1.段落を選択→「タブ」を開く

  1. 段落を選択する
  2. 「フォーマット」タブをクリック
  3. 「レイアウト」タブをクリック
  4. 「タブ」をクリックして開く
「タブ」の設定項目が表示されました。

 

  1. 「+」をクリック
  2. 詳細設定を表示する

2.タブ幅の詳細設定を行う

設定できる項目は以下の3つです。

  1. タブストップ:タブ幅を設定する
  2. 「配置」:タブ幅の後に続くテキストを揃える位置を設定する
  3. 「リーダー」の種類:タブ幅に表示する記号を設定する

各項目の設定方法について解説します。

タブストップの設定

「ストップ」の値をダブルクリックして任意の値を入力する、または、「ルーラ」(※「ルーラ」については後述します。)に表示されている右向きの三角形を直接左右に移動させることで、タブストップの位置を変更できます。

変更したタブストップの位置は「ルーラ」に右向きの三角形で確認できます。

上記の場合、段落の左端(ルーラーの『2cm』地点)から『6cm』の間隔が空いた『8cm』地点がタブストップになりました。

「配置」の設定

上下の矢印をクリックすることで、

  • 左揃え:テキストの左端で揃える
  • 中央揃え:テキストの中央で揃える
  • 右揃え:テキストの右端で揃える
  • 小数点揃え:テキストに含む小数点で揃える

から選択できます。

 

「小数点揃え」の場合、基準となる小数点を任意の記号に設定することができます。
「小数点記号」の記号をダブルクリックして、任意の記号を入力します。

「リーダー」の設定

上下の矢印をクリックすることで、

  • なし
  • 破線:———-
  • 点線:……….
  • 実線:ー
  • 矢印:→→→→

から選択できます。

3.アップデート→「tab」キーを押下してタブ幅を挿入する

下記のタブ幅を適用していきます。

  • タブストップ:6cm
  • 配置:左揃え
  • リーダー:点線

タブ幅の詳細設定を終えたら「アップデート」をクリックします。

タブ幅を挿入する位置にカーソルを合わせます。

「tab」キーを押下してタブ幅を挿入します。

別の段落にもタブ幅を挿入します。
設定したタブ幅が適用されました。

Tips.「ルーラ(目盛り)」の表示について

「ルーラ」とは、画面上部に表示される目盛りのことです。

「ルーラ」を表示する手順は以下の通りです。

  1. 画面左上の「表示」タブをクリックする
  2. 「ルーラを表示」をクリックする
画面上部に「ルーラ」が表示されました。