【Pages】行間隔・段落前後の間隔の設定方法

この記事では、間隔の設定方法について解説します。

「フォーマット」タブ→「スタイル」タブの「間隔」で設定可能

■結論
「フォーマット」タブ内の「スタイル」タブをクリックして「間隔」タブを開きます。
「間隔」タブでは以下の項目を設定することができます。

  1. 行間スペース
    • 最小値
    • 固定値
    • 行間値
  2. 「段落の前」の間隔
  3. 「段落の後」の間隔

詳細手順

以下に詳細手順を解説します。

1.行を選択して「間隔」タブを開く

  1. 行を選択する
  2. 「フォーマット」タブをクリック
  3. 「スタイル」タブをクリック
  4. 「間隔」タブの左側の矢印をクリックする
「間隔」タブが開きました。

2.行間スペースを選択して設定する

オレンジ色の上下のプルダウンをクリックして、行間スペースのタブを開きます。

行間スペースのタブで設定できる項目は以下の4つです。

  1. 」:行間スペースがフォントサイズに比例して決まる(フォントサイズによって1行の間隔が異なる)。
  2. 最小値」:行間スペースが指定値よりも狭くならない。
  3. 固定値」:テキストのベースラインを基準に行間スペースが固定される。(フォントサイズによっては文字が重なる可能性がある。)
  4. 行間値」:フォントサイズに関わらず行間スペースが固定される。

各項目の設定方法について解説します。

「行」の設定

行間スペースのタブの「行」を選択します。

既定値は『1』となっています。

値を変更することで行間スペースを変更できます。
例では、値を『2』に設定します。
行間スペースが大きくなりました。
「行」を『1』から『2』に変更したということは、行と行の間隔を2倍にしたということになります。
行間はフォントサイズに比例するため、フォントサイズが大きい見出しの行間スペースが大きくなっています。

「最小値」の設定

行間スペースのタブの「最小値」を選択します。

※既定値が『17pt』となっていたため、以下解説では『17pt』の設定のままフォントサイズだけ変更していきます。

下図の選択したテキストのフォントサイズは『11pt』です。

フォントサイズを『5pt』まで小さくします。
『17pt』の行間より狭くなることなく、フォントサイズのみ小さくなりました。

次に、「最小値」を設定しなかった場合を確認してみましょう。

同じように『11pt』のフォントサイズから変更していきます。

同じように、フォントサイズを『5pt』まで小さくします。
「最小値」を設定していなかったため、フォントサイズに合わせて行間も狭くなりました。

「固定値」の設定

行間スペースのタブの「固定値」を選択し、任意の値を入力します。

テキストのベースラインを基準に、行間スペースが等間隔になりました。

「固定値」を設定しなかった場合は、「行」の設定の際に解説したようにフォントサイズに比例して行間スペースが決まります。

Tips.「固定値」の注意点

「固定値」ではテキストのベースラインを基準にするため、フォントサイズによっては↓の画像のようにテキスト同士が重なる場合があります。

「行間値」の設定

行間スペースのタブの「行間値」を選択し、任意の値を入力します。

フォントサイズに関わらず、行間スペースが等間隔になりました。

3.「段落の前」の間隔を設定する

  1. 行にカーソルを合わせる
  2. 「段落の前」を選択する

 

  1. 行間値を入力する
  2. 選択した段落のに行間スペースが適用される

4.「段落の後」の間隔を設定する

  1. 行にカーソルを合わせる
  2. 「段落の後」を選択する

 

  1. 行間値を入力する
  2. 選択した段落のに行間スペースが適用される