【Pages】改ページと区切りの設定方法

この記事では、改ページと区切りの設定方法について解説します。

「フォーマット」タブの「詳細」で設定可能

■結論
「フォーマット」タブ→「詳細」タブで、段落のページ区切りを以下の項目から設定できます。

  1. 段落のすべての行を同じページに入れる
  2. 次の段落も同じページに入れる
  3. 新しいページで段落を開始
  4. 最初の行/最後の行だけを残さない

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.段落を選択→段落の区切り方を選び、チェックボックスにチェックを入れる

  1. 段落を選択する
  2. 「フォーマット」タブをクリック
  3. 「詳細」タブをクリック
  4. 「改ページと区切り」のチェックボックスにチェックを入れる
テキストのフォーマットが『本文』の場合、デフォルトでは「最初の行/最後の行だけを残さない」にチェックが入っています。

 

以下に各改ページ設定のサンプルを紹介します。

①段落のすべての行を同じページに入れる

↓同じページに入れたい段落を選択します。

 

↓「段落のすべての行を同じページに入れる」にチェックを入れることで、選択した段落のテキストが全て同じページに表示されます。

②次の段落も同じページに入れる

異なるスタイル(見出し)のテキストを、同じページ内に表示したいときに活用できます。

例として、『見出し2』に『本文』が続く文章を作成したとします。

『見出し2』に続く『本文』が、↓の画像のようにページをまたいで欲しくありません。

 

↓『見出し2』に続く次の段落『本文』が同じページに表示されるように設定するには、『見出し2』にカーソルを合わせ、「次の段落も同じページに入れる」にチェックを入れます。

『見出し2』が次のページに表示され、『見出し2』と『本文』が同じページ内に表示されるようになりました。

③新しいページで段落を開始

↓『見出し』のページ区切りを設定していきます。

↓「新しいページで段落を開始」にチェックを入れることで、選択した『見出し』が新しいページで開始されます。
その後「アップデート」をクリックします。
↓テキストのフォーマットが『見出し』の場合、自動的に下の画像のように新しいページで開始されるようになります。

最初の行/最後の行だけを残さない

この設定にチェックが入っていなかった場合、↓の画像のように改行した際に段落の最後の行(最初の行)だけがページに残ります。

そこで設定にチェックを入れることで、↓の画像のように改行した際に段落の最後の行(最初の行)だけがページに残らないようになります。