【Numbers】VLOOKUP関数の使い方

この記事では、VLOOKUP関数について解説します。

使い方

書式:VLOOKUP検索値, セル範囲, 列番号, 検索の型

検索値をセル範囲の左端の列で検索し、当てはまる場合は列番号分だけ右のセルの値を表示します。
※検索値と完全に一致する値を検索する場合は検索の型に「完全一致(FALSE)」を指定します。

具体例

以下に、VLOOKUP関数の具体的な使い方を解説します。
緊急連絡網のリストに『名前』『連絡先』『電話番号』が自動入力されるようにしていきます。

1.『名前』を表示するセルを選択→『=VLOOKUP』と関数を入力

補足:「参照」→「 VLOOKUP」→「関数を挿入」選択でも入力可能

2.検索値を入力する黄色のセルを指定する

3.『コード』『名前』『連絡先』『電話番号』表をセル範囲に指定する

4.セル範囲の左から『2』列目(名前)を列番号に指定する

5.検索の型に『FALSE』を指定する

検索の型(近似一致)のプルダウンを押し、「完全一致(FALSE)」を選択

6.『連絡先』『電話番号』を表示するセルに VLOOKUP関数を1〜5の手順で入力

列番号『3(連絡先)』指定する

列番号『4(電話番号)』を指定する

7.コード『1』を入力して入力完了

他のセルにも同じように VLOOKUP関数を入力することで、下の画像のように緊急連絡網の情報が自動入力されます。