【Numbers】UPPER関数の使い方

この記事では、UPPER関数について解説します。

使い方

書式:UPPER文字列

指定した文字列を大文字にします。

具体例

以下に、UPPER関数の具体的な使い方を解説します。

1.『大文字』を列にあるセルを選択→『=UPPER』を入力

補足:『=』入力→「テキスト」→「UPPER」→「関数を挿入」選択でも入力可能

2.引数に『原文セル』を選択して入力完了

小文字を含む『Mac Strategy Blog』という文字列を選択しました。

 

『Mac Strategy Blog』→『MAC STRATEGY BLOG』と全て大文字になります。

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】LOWER関数の使い方