【Numbers】TRUNC関数の使い方

この記事では、TRUNC関数について解説します。

使い方

書式:TRUNC数値, 桁数

数値を指定された桁数で切り捨てます。
桁数の指定方法は、以下の通りです。

  • の数→小数点以下第何位まで保持するかを指定します。
    例1)桁数に「2」を指定→小数点以下第3位を切り捨てます(=小数点以下第2位まで保持)。
    ROUND(10.555, 2)と入力した際の結果は、『10.55』
    例2)桁数に「0」を指定→小数点第1位を切り捨てます(=小数点以下を保持しない)。
    ROUND(10.555, 0)と入力した際の結果は、『10』
  • の数→整数部分の何桁目で切り捨てるかを指定します。
    例)桁数に「–2」を指定→整数部分の2桁目で切り捨てます(結果は整数になる)。
    ROUND(111.555, -2)と入力した際の結果は、『100』

※桁数は省略することができ、その場合『0』が指定されたものとします。

具体例

以下に、「野菜の販売料金」を例として、TRUNC関数の具体的な使い方を解説します。
各商品の消費税額(8%)を実数に丸めていきます。

1.『かぼちゃ』行の『消費税額』セルを選択→『=TRUNC』と入力

補足:『=』入力→「数値」→「TRUNC」→「関数を挿入」選択でも入力可能

2.整数に丸める対象の『消費税額』セルを指定して入力完了

①整数で表示したい場合、桁数を省略、あるいは桁数に『0』を指定

他の商品の『消費税額』セルにも同じように、桁数を指定せずにTRUNC関数を入力することで、下の画像のようになります。

小数点第一位まで表示したい場合、桁数に『1』を指定

『5.68』の小数第二位『8』が切り捨てられ、『5.6』と表示されます。

整数部分の1桁目を切り捨てたい場合、桁数に『-1』を指定

『16.8』の1桁目である『6』が切り捨てられ、『10』と表示されます。

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】ROUND関数の使い方