【Numbers】OR関数の使い方

この記事では、NumbersのOR関数について解説します。

使い方

書式:OR条件1, 条件2 

引数の条件のうち、1つでも満たす場合、TRUEを返します。全ての条件を満たさない場合、FALSEを返します。

なお、OR関数は単独で使用する機会は少なく、IF関数などと組み合わせて使用する場合が多いです。

書式:IFOR条件1, 条件2 …), 真の場合, 偽の場合

IF関数内の条件式にORを用いて複数の条件を入力します。

  • 条件1、条件2 …のどれか1つでも当てはまる場合→の場合を返す
  • 条件1、条件2 …の全て当てはまらない場合→の場合を返す

具体例

以下に、『期末試験(国・数・英)の成績表』を例として、OR関数の具体的な使い方を解説します。
3科目の点数の内どれか1科目でも60点以上の科目がある場合は『A』評価、全ての科目が60点未満の場合は『B』評価とします。

1.『Aさん』列の『評価』セルを選択→関数入力

①『Aさん』列の『評価』セルを選択して、「IF」関数を入力する

※「IF」関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】IF関数の使い方

②「IF」関数内の「条件式」に「OR」関数を入力する


2.「OR」関数内の論理式に『各科目の点数>=60』を入力する

『国語』の場合、以下の通りになります。

 

数学と英語も同じように入力します。

3.真の場合に『A』、偽の場合に『B』と入力して入力完了

Aさんの場合、3科目のうち数学と英語が60点以上だったため、評価が『A』となりました。

 

他の生徒の『評価』セルにも同じように「OR」関数を入力することで、下の画像のようになります。

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】AND関数の使い方

【Numbers】IF関数の使い方