【Numbers】LEFT関数の使い方

この記事では、LEFT関数について解説します。

使い方

書式:LEFT対象文字列, 文字列の長さ

対象の文字列の左端から、文字列の長さで指定した字数分の文字列値を表示します。

具体例

以下に、LEFT関数の具体的な使い方を解説します。

1.『結果』セルを選択→『=LEFT』と関数を入力

補足:「テキスト」→「LEFT」→「関数を挿入」選択でも入力可能

2.「対象文字列」と「文字列の長さ」を入力して入力完了

対象とする文字列『Mac攻略ブログ』を選択

文字列の長さ『3』を入力

画像では、抜き出す文字列の長さを入力したセルを選択していますが、数式に『3』を直接入力していただいて構いません

抜き出された左端の3文字『Mac』が表示される

抜き出す文字列の長さを変更(3〜5)すると以下の画像のようになります。

・抜き出す文字列の長さが『4』→左端から数えて4文字分=『Mac攻』

・抜き出す文字列の長さが『5』→左端から数えて5文字分=『Mac攻略』

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】RIGHT関数の使い方

【Numbers】MID関数の使い方