【Numbers】DATE関数の使い方

この記事では、DATE関数について解説します。

使い方

書式:DATE, ,

引数(年, 月, 日)に指定された値を結合して日付を返します。

具体例

以下に、DATE関数の具体的な使い方を解説します。
スケジュール帳の今日の日付のセルに『今日』と表示されるように、DATE関数を用いて入力していきます。

以下の関数を組んでいきます。

・DATE関数でスケジュール帳の年月日を日付として返し、TODAY関数と突合させる→今日の日付と一致する場合、日付の右に『今日』と表示させる。

1.セルを選択→『IF』関数を入力する

『日付セル』の隣に『=IF』を入力

IF関数については以下をご参照ください。

【Numbers】IF関数の使い方

2.IF関数内の『条件式』に『TODAY』=『DATE』を入力する

①まずは、『TODAY』を入力

【Numbers】TODAY関数の使い方

②次に、『=DATE』を入力

③DATE関数の引数に『年』セル、『月』セル、『日』セルを指定する

3.IF関数の真の場合に『今日』、偽の場合に『空白』となるように入力する

4.3.までの入力値を全ての日付に反映させて入力完了

今日の日付である2021年3月11日のセルに『今日』と表示されました。

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Nombers】NOW関数の使い方

【Numbers】TODAY関数の使い方