【Numbers】COUNTIF関数の使い方

この記事では、COUNTIF関数について解説します。

使い方

書式:COUNTIF検索範囲, 検索条件

検索範囲内のうち、検索条件に当てはまるセルの数を数えます。

具体例

以下に、「期末試験(選択/2科目)の成績表」を例として、COUNTIF関数の具体的な使い方を解説します。
科目毎(化学・物理・生物)の合格者数(60点以上の生徒数)を調べていきます。

1.『化学』行の『合格者数』セルを選択→『=COUNTIF』と入力

補足:『=』入力→「統計」→「COUNTIF」→「関数を挿入」選択でも入力可能

2.検索範囲を指定する

フィルハンドルを用いて、Aさん〜Jさんまでの『化学点数』セルを選択する

3.検索条件を入力する

『”>=60″』(検索範囲の点数が60点以上)と入力する

4.『return』キーを押下、または、緑のチェックマークをクリックして入力完了

『化学』行のうち、60点未満(不合格者)空白セル(非選択者)を除く『4名』が表示されました。

物理、生物の『合格者数』セルにも同じようにCOUNTIF関数を入力することで、下の画像のようになります。

※上記の表では、『選択者数』列にCOUNTA関数、『受験者数』列にCOUNT関数を使用しているため、各科目の選択者数と受験者数も把握できるようになっています。

 

関連する関数の使い方については、こちらの記事をどうぞ。

【Numbers】COUNT関数の使い方

【Numbers】COUNTA関数の使い方