【Numbers】Excelとの互換性について解説

この記事では、Mac標準搭載の表計算ソフトであるNumbersとExcelとの互換性について解説します。

Numbersは、表計算ソフトとして優秀ですが、仕事・学業等においてExcelが主流で使われていることから、あまり世間的に利用されているとはいえません。

しかし、Macを購入すれば標準でインストールされているNumbersを全く使わずに、Excelを購入してしまうのはもったいないです。

なぜなら、NumbersにはExcelとほぼ同様の機能(関数、グラフなど)があり、Numbersで作成した資料をExcelで開いて編集したりできるからです。
※MacのExcelだけでなく、WindowsのExcelでも開いて編集できます。

NumbersとExcel間の互換性を理解すれば、日常的によりNumbersを活用できるようになるでしょう。

NumbersとExcelの互換性

Numbersで作成した資料をExcelで開くとどうなるか、確認してみましょう。

1.資料作成

例として、Numbersで以下資料を作成しました。
英単語テストの結果を、if関数で60点以上なら合格とするようにしました。

拡張子の確認

Numbersで作成した資料は、拡張子が「.numbers」となります。
そのため、Excel形式へ書き出す必要があります。

2.Excel形式に書き出す

↓ツールバーの「ファイル」→「書き出す」→「Excel…」を選択し、クリックします。

 

↓書き出しの設定はデフォルトで問題ないです(今回、拡張子は「.xlsx」)。

 

↓Excel形式に書き出し完了です。

3.WindowsのExcelで資料を開く

手順2.までで作成した資料をWindowsへ送り、開いてみます。

Windowsへ転送し確認

↓Excelファイルとして認識できています。

 

↓Numbersで開いた時と同様に表示できています。関数が乱れたり、色が変更されることもありません。

ポイント

  • セルの色も同じであることを確認できました。
  • Excel共に同じ結果となりました。