【Numbers】データフォーマットの種類と使い方

この記事では、データフォーマットの種類と使い方について解説します。

データフォーマットの種類

データフォーマット一覧

Numbersには、以下の形式が用意されています。

  • 自動(デフォルト)
  • 数字
  • 通貨
  • 割合
  • 分数
  • 記数法
  • 指数表示
  • テキスト
  • 日付と時刻
  • 期間
  • チェックボックス
  • 星印の評価
  • スライダ
  • ステッパー
  • ポップアップメニュー
  • カスタムフォーマットの作成

データフォーマット設定方法

「セル」タブをクリックして、「データフォーマット」のプルダウンをクリックすることで形式を選択することができます。
以下で各フォーマット形式の詳細を解説します。

各フォーマットの詳細解説

自動

デフォルトのフォーマットです。

入力された値に対して、適当なフォーマットを自動で適用してくれます。

例えば、数字を入力すると、「数値」フォーマットが自動で適用されます。

一見便利ですが、意図しないフォーマットが適用されたりすることがあります。

そのような場合は、以下で紹介する各種フォーマットを自身で選ぶと良いでしょう。

数字

データフォーマットを「数字」に変更すると、セル内の数値が右寄せになり、数を扱うのに適したフォーマットになります。

Tips:右寄せは、縦に並んだセルの桁が揃うので数字にとって都合が良いです。

「小数の桁数」設定

小数点以下の桁数の設定です。

デフォルトは「自動」に設定されています。

桁数を「0」に設定すると、整数で表示されます。
桁数を「3」に設定すると、小数点第3位まで表示されます。

負の値の表示設定

負の値を入力すると、デフォルトでは以下のように『-(マイナス)』が数字の頭に付いて表示されます。

プルダウンをクリックすることで、以下の3つの表示方法へ変更できます。
100」を選択すると、赤字で表示されます。
「(100)」を選択すると、括弧で囲われます。
(100)」を選択すると、赤字表示&括弧で囲われます。
Tips:赤字表記は、収支がマイナスの場合に使うのが適しています。

「3桁区切り」設定

数字を3桁区切りで表示する場合は、「3桁区切り」のチェックボックスにチェックを入れます。

通貨

デフォルトでは、数字の頭に通貨記号が表示されます。

「会計スタイル」設定

通貨記号をセルの左端へ揃える場合は、「会計スタイル」のチェックボックスにチェックを入れます。

「通貨」の選択

「通貨」プルダウンをクリックすることで「日本円(¥)」以外の通貨を選択することができます。

「米ドル($)」を選択すると、以下のように『$』記号になります。
他に選択できる通貨は以下の通りです。

割合

セルの値を%(百分率)で表示できます。

分数

セルの値を分数で表示できます。

「精度」の設定

デフォルトの分数の「精度」(何桁まで表示するか)は「3桁まで」となっています。

「精度」プルダウンをクリックすることで、分数の「精度」を変更できます。

記数法

デフォルトは「基数:10(10進法)」「桁数:0」に設定されています。

「基数」の変更

「基数」プルダウンをクリックすることで「基数」を変更できます。
例)入力値『4』で、「基数:2(2進法)」へ変更すると『100』になります。

「桁数」の変更

プルダウンをクリックすることで「桁数」を変更できます。

負の数の表現設定

デフォルトは「マイナス記号」に設定されています。

「2の補数」へ変更すると、値が反転&+1されます。

指数表示

セルの値が指数で表示されます。

「小数の桁数」変更

デフォルトでは、「小数の桁数」が「自動」になっています。

「少数の桁数」プルダウンをクリックすることで、小数の桁数を変更できます。

テキスト

セルの内容がテキスト扱いになり、左寄せになります。

日付と時刻

「日付」と「時刻」の表示スタイルを変更することができます。

「日付」の表示スタイル変更

「日付」プルダウンをクリックすることで、日付の表示スタイルを変更できます。

選択できる日付スタイルは以下の通りです。

「時刻」の表示スタイル変更

「時刻」プルダウンをクリックすることで、時刻の表示スタイルを変更できます。

選択できる時刻スタイルは以下の通りです。

期間

期間表示に適したフォーマットです。

以下のように、日付のカウントダウンなどに使用されます。

単位設定

「自動単位」を選択すると、「週」&「日」表示となります。

 

「カスタム単位」を選択すると、任意の単位を選択することができます。

例)入力値『9日』で「分」を選択すると、『12960分』へ変更されます。
「単位」は、複数選択することも可能です。
例)入力値『9日』で「週」&「日」を選択すると、『1週2日』へ変更されます。

表示スタイルの設定

「スタイル」プルダウンをクリックすることで、表示スタイルを変更することができます。

単位が「日」の場合に、選択できる表示スタイルは以下の通りです。

チェックボックス

「空欄」のチェックボックスを表示します。
チェックボックスをクリックすることで、チェックを入れることができます。
再度クリックすることで、チェックを外すことができます。

星印の評価

デフォルトは星の数が「0」です。
セルには、0〜5の数値を入力することができ、それぞれの星の数を表示します。
また、「・」をクリックすることでも、星の数を変更できます。

スライダ

丸レバーを上下に動かすことで、セル内の数値を変更することができます。

値の範囲編集

デフォルトは、「最小値:1」、「最大値:100」、「増分:1」で設定されています。

例)「最小値:0」、「最大値:8000」、「増分:100」で設定しました。
0〜8000の範囲内で、値を100単位で変更できるようになりました。

ステッパー

セルの右に出現する上下のボタンをクリックすることで、セル内の数値を変更することができます。

値の範囲編集

デフォルトは「最小値:1」、「最大値:100」、「増分:1」で設定されています。

例)「最小値:0」、「最大値:4000」、「増分:100」で設定しました。
0〜4000の範囲内で、値を100単位で変更できるようになりました。

ポップアップメニュー

プルダウンをクリックすることで、メニュー項目を選択することができます。

デフォルトは「項目1」、「項目2」、「項目3」がメニュー項目として設定されています。

項目の編集

項目をダブルクリックすることで、項目を編集できます。

項目の追加と削除

「+」をクリックすることで、項目を追加することができます。

「−」をクリックすることで、選択した項目を削除することができます。

メニューの表示編集

デフォルトのメニュー表示は、「最初の項目で開始」となっているため、「食費」が先頭に表示されます。

「空白で開始」を選択することで、項目の先頭に「なし」が追加されます。
「なし」を選択することで、セルは空白になります。

カスタムフォーマット

自由にフォーマットを作成することができます。

「名前」の設定

フォーマットの名前を設定することができます。

「タイプ」の設定

「数字」、「日付と時刻」、「テキスト」の3タイプから選択することができます。

フォーマットの設定

「トークン」を選択し「フィールド」へドラッグすることで、「カスタムフォーマット」を作成することができます。

タイプ:数字

「整数」「小数の桁数」「尺度」「通貨」「スペース」のフォーマットを編集することができます。

「ルールを追加」をクリックすることで、新しいルールを追加することができます。
プルダウンをクリックすることでルールを変更することができます。
例)以下の通り設定しました。
・「名前」→『例1』
・「ルール」→1000より小さい場合『¥○○』と表示
このフォーマットを適用することで、セルの表示は以下の画像のように表示されます。

タイプ:日付と時刻

「日付」と「時刻」のフォーマットを作成することができます。

例)以下の通り設定しました。
・「名前」→『例2』
・『年』『月』『日』を表示
・曜日と時刻の追加
このフォーマットを適用することで、以下の画像のように表示されます。

タイプ:テキスト

入力欄へ任意のテキストを入力することで、フォーマットを作成することができます。

例)以下の通り設定しました。
・「名前」→『例3』
・テキスト『円セール』を追加
・「フォーマットにセルのテキストを含める」にチェックを入れる
このフォーマットを適用することで、以下の画像のように表示されます。
なお、「フォーマットにセルのテキストを含める」にチェックを外すことで、作成したテキストフォーマットのみがセル内に表示されます。