【iPadメールApp】スワイプ操作に機能を割り当てる方法

この記事では、iPadのメールAppでスワイプ操作に機能を割り当てる方法について解説します。

設定Appの「メール」→「スワイプオプション」で設定可能

結論

設定Appの「メール」→「スワイプオプション」で、メッセージリストをスワイプ(左/右)した時の機能を、以下の項目から割り当てることができます。

  • 機能なし
  • 開封済みにする
  • フラグを付ける
  • メッセージを移動する
  • アーカイブに移動(右のみ)

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの「メール」→「スワイプオプション」をタップ

↓設定Appをタップします。

 

↓下にスクロールして「メール」をタップ→「スワイプオプション」をタップします。

2.左/右にスワイプした時の機能を割り当てて完了

↓「左にスワイプ」をタップします。

 

↓機能を選択します(例:『フラグ』を付ける)。※右のスワイプ操作に割り当てている機能は選択できません。

 

↓前の画面に戻り「右にスワイプ」をタップします。

 

↓機能を選択します(例:『開封済みにする』)。※左のスワイプ操作に割り当てている機能は選択できません。

 

メールAppで確認してみます。

↓左にスワイプすると『フラグ』を選択できます。

 

↓右にスワイプするとメッセージを『開封』できます。