【MacメールApp】標準テキスト・リッチテキストの設定方法【メッセージフォーマット】

この記事では、メッセージフォーマット(標準テキスト・リッチテキスト)の設定方法について解説します。

「環境設定」の「作成」で設定可能

結論

メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「作成」で、メッセージのフォーマットを「標準テキスト」か「リッチテキスト」から選択できます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「作成」をクリック

↓メニューバーの「メール」をクリック→「環境設定…」をクリックします。

 

↓「作成」をクリックします。

2.メッセージのフォーマットを選択して完了

↓「メッセージのフォーマット」のポップアップメニューを開きます。

↓「標準テキスト」または「リッチテキスト」を選択して完了です。

Tips.標準テキストとリッチテキストの違い

標準テキスト

  • メリット:メールの受信者は誰でも読むことができる
  • デメリット:メッセージ内に、太字などの書式設定や表や画像などを反映させることができない

リッチテキスト

リッチテキストはHTMLで構成されたメッセージフォーマットになります。

  • メリット:メッセージ内に、太字などの書式設定や表や画像などを反映できる
  • デメリット:メッセージを読めない受信者がいる場合がある