【メールApp】署名のテンプレートを作成する方法

この記事では、Mac・iPad・iPhoneのメールAppで署名のテンプレートを作成する方法について解説します。

Macでの詳細手順

結論

メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「署名」で、メッセージの文末に表示する署名のテンプレートを作成・設定することができます。

以下でMacにおける詳細手順を紹介します。

1.メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「署名」をクリック

↓メニューバーの「メール」をクリック→「環境設定…」をクリックします。

 

↓「署名」をクリックします。

2.アカウントを選択→署名のテンプレートを作成して完了

  1. 左のリストからアカウントを選択(例:『iCloud』)
  2. 「+」をクリック
  3. 署名ネーム(中央のリスト)と署名テキスト(右のリスト)が追加される

↓任意の署名ネームに変更→右のリストで署名のテンプレートを作成して完了です。

↓メッセージ作成の画面を開くと、設定した署名のテンプレートが入力されています。

Tips.署名に関するその他の操作

複数の署名テンプレートを作成

↓「+」ボタンをクリックすることで、複数の署名を作成できます。

署名テンプレートの変更

↓「署名を選択」のポップアップメニューを開きます。

↓署名を選択、または、表示する順番を選択します。

署名テンプレートの削除

↓中央のリストから削除する署名テンプレートを選択(例:『テスト2』)→「−」ボタンをクリックします。

↓削除された署名テンプレートは左のリストの「すべて署名」に残っているため、完全に削除したい場合は「すべての署名」のリストから削除する必要があります。

iPadでの詳細手順

結論

設定Appの「メール」→「作成」タブの「署名」でテンプレートを作成できます。

以下でiPadにおける詳細手順を紹介します。

1.設定Appの「メール」→「作成」タブの「署名」で作成して完了

↓設定Appをタップします。

 

↓下にスクロールして「メール」をタップ→下にスクロールして「作成」タブの「署名」をタップします。

 

↓署名のテンプレートを入力して作成完了です。

 

↓メッセージ作成画面を開くと、作成した署名のテンプレートが入力されています。

Tips.アカウントごとの署名が作成可能

↓複数のアカウントを紐づけている場合、アカウントごとの署名が作成できます(例:『iCloud』と『Gmail』)。

iPhoneでの詳細手順

結論

設定Appの「メール」→「作成」タブの「署名」でテンプレートを作成できます。

以下でiPhoneにおける詳細手順を紹介します。

1.設定Appの「メール」→「作成」タブの「署名」で作成して完了

↓設定Appをタップします。

 

↓下にスクロールして「メール」をタップします。

 

↓下にスクロールして「作成」タブの「署名」をタップします。

 

↓署名のテンプレートを入力して作成完了です。

 

↓メッセージ作成画面を開くと、作成した署名のテンプレートが入力されています。