【メールApp】メッセージリストの表示設定について解説

この記事では、Mac・iPad・iPhoneのメールAppにおけるメッセージリストの表示設定について解説します。

Macでの詳細手順

結論

メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「表示」で、以下の表示設定ができます。

  • リストプレビューの行数
  • 削除したメッセージの移動先
  • 送信元のアドレス表示
  • メッセージ背景の変更(ダークモード使用時)

以下でMacにおける詳細手順を紹介します。

1.メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「表示」をクリック

↓メニューバーの「メール」をクリック→「環境設定…」をクリックします。

 

↓「表示」をクリックします。

2.各種表示設定を行い完了

リストプレビューの行数

↓「リストプレビュー」のポップアップメニューを開き、プレビュー表示する行数を選択します(例:『3行』)。

↓選択した行数がメッセージリストのプレビューに表示されます(例:『3行』)。

削除したメッセージの移動先

↓「削除したメッセージの移動先」のポップアップメニューを開いて、「削除」または「アーカイブ」のどちらかを選択します(例:『削除』)。

↓メールを右クリック→「削除」をクリックします。

 

↓「ゴミ箱」に移動されます(「アーカイブ」を選択した場合は「アーカイブ」へ移動されます)。

送信元のアドレス表示

↓「スマートアドレスを使用」にチェックを入れると送信元のアドレスが非表示になり、チェックを外すとアドレスが表示されます。

↓スマートアドレスを使用しない(アドレスを表示する)場合。

↓スマートアドレスを使用する(アドレスを表示しない)場合。

メッセージ背景の変更(ダークモード使用時)

↓システム環境設定Appでダークモードを設定していると、「メッセージの背景を暗くする」のチェックボックスが表示されます。

↓「メッセージの背景を暗くする」のチェックを外すと、メッセージの背景部分のみ明るくなります。

↓「メッセージの背景を暗くする」のチェックを外すと、ダークモードが適用されメッセージの背景部分も暗くなります。

iPadでの詳細手順

結論

設定Appの「メール」→「メッセージリスト」タブで以下の表示設定ができます。

  • メッセージリストに表示するメッセージ内容のプレビュー
  • TO/CCラベルの表示
  • スワイプオプションの設定

以下でiPadにおける詳細手順を紹介します。

1.設定Appの「メール」→「メッセージリスト」タブで各種表示設定をして完了

↓設定Appをタップします。

 

↓下にスクロールして「メール」をタップ→「メッセージリスト」タブを表示します。

 

「メッセージリスト」タブで以下の設定をして完了です。

メッセージ内容のプレビュー

↓「プレビュー」をタップします。

 

↓プレビューで表示する行数を選択します(例:『5行』)。

 

↓メールAppで確認すると、メッセージ内容のプレビューが『5行』で表示されています。

TO/CCラベルの表示

↓「TO/CCラベルの表示」を右にタップします。

 

↓メールAppで確認すると、メッセージリストの左側にTO/CCラベルが表示されています。

スワイプオプションの設定

スワイプオプションの設定方法については、こちらの記事を参考してください。

【iPhoneメールApp】スワイプ操作に機能を割り当てる方法

iPhoneでの詳細手順

結論

設定Appの「メール」→「メッセージリスト」タブで以下の表示設定ができます。

  • メッセージリストに表示するメッセージ内容のプレビュー
  • TO/CCラベルの表示
  • スワイプオプションの設定

以下でiPhoneにおける詳細手順を紹介します。

1.設定Appの「メール」→「メッセージリスト」タブで各種表示設定をして完了

↓設定Appをタップします。

 

↓下にスクロールして「メール」をタップします。

 

↓「メッセージリスト」タブを表示します。

 

「メッセージリスト」タブで以下の設定をして完了です。

メッセージ内容のプレビュー

↓「プレビュー」をタップします。

 

↓プレビューで表示する行数を選択します(例:『5行』)。

 

↓メールAppで確認すると、メッセージ内容のプレビューが『5行』で表示されています。

TO/CCラベルの表示

↓「TO/CCラベルの表示」を右にタップします。

 

↓メールAppで確認すると、メッセージリストの左側にTO/CCラベルが表示されています。

スワイプオプションの設定

スワイプオプションの設定方法については、こちらの記事を参考してください。

【iPhoneメールApp】スワイプ操作に機能を割り当てる方法