【MacメールApp】基本設定を解説(通知サウンド・新着通知・添付ファイルの保存)

この記事では、メールの基本設定(通知サウンド・新着通知設定・添付ファイルの保存先)について解説します。

「環境設定」の「一般」で設定可能

結論

メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「一般」で以下の基本設定ができます。

  • 通知サウンド:サウンドの選択・OFF
  • 新着通知設定:新着メッセージの通知範囲
  • 添付ファイルの保存先

詳細手順

以下に詳細手順を紹介します。

1.メニューバーの「メール」→「環境設定…」→「一般」をクリック

↓メニューバーの「メール」をクリック→「環境設定…」をクリックします。

↓「一般」をクリックして設定画面を開きます。

2.「新着メッセージの通知サウンド」で通知サウンドを設定

↓「新着メッセージの通知サウンド」のポップアップメニューを開きます。

↓通知音を選択します(通知音なし/デフォルト/通知音の選択)。

↓メッセージの送信時や、受信時にエラーが起きた時にサウンドを再生したい場合は「ほかのメール動作でサウンドを再生」にチェックします。

3.「新着メッセージの通知」で通知範囲を設定

メッセージを受信した時に、通知を表示するメールボックスの範囲を設定します。

↓「新着メッセージの通知」のポップアップメニューを開きます。

↓通知範囲を選択します。

  • “受信”トレイのみ:”受信”トレイに振り分けられたメッセージ
  • VIP:VIPに登録した連絡先からのメッセージ
  • 連絡先:連絡先に登録してある人からのメッセージ

4.「添付ファイルの保存先」を選択して完了

↓「添付ファイルの保存先」のポップアップメニューを開きます。

↓保存先を選択します。

↓保存先を変更する場合は、「その他…」を選択→保存先となるフォルダを選択(例:『メール添付ファイル』フォルダを作成)→「選択」をクリックして完了です。