【Mac】スクリーンショットのやり方【全画面・範囲指定・タイマー】

この記事では、Macでスクリーンショットする方法(ショートカットキー)について解説します。

使い方

コマンド

command+「shift」+「3

上記コマンドを同時に押下することで、全画面をスクリーンショットできます。

command+「shift」+「4

上記コマンドを同時に押下することで、範囲指定(トリミング)のスクリーンショットを起動できます。

また、上記コマンドを押下した後に、「option」+「スペースキー」を同時に押下することで、ウィンドウ毎のスクリーンショットに切り替えることができます。

command+「shift」+「5

上記コマンドを同時に押下することで、スクリーンショットのAppを起動でき、以下の機能を使用できます。

  • ウィンドウ毎のスクリーンショット(全画面・範囲指定へ切り替え可能)
  • 画面収録(全画面・範囲指定)
  • タイマーを使用して時間差で撮影

具体例

以下に具体例を紹介します。

1.「command」+「shift」+「3」を同時に押下→全画面のスクリーンショット

↓撮影したスクリーンショットのサンプルです(Macの全画面を撮影できます)。

2.「command」+「shift」+「4」を同時に押下→範囲指定のスクリーンショット

範囲を指定するポインタが表示されるので、スクリーンショットしたい範囲を選択(トリミング)して撮影します。

↓撮影したスクリーンショットのサンプルです(画面の一部だけを切り取りして撮影できます)。

※「esc」キーを押下することで、スクリーンショットをキャンセルできます。

3.「command」+「shift」+「5」を同時に押下→スクリーンショットAppの起動

↓コマンドを押下すると、スクリーンショットAppが起動します。

ウィンドウ毎のスクリーンショット(全画面・範囲指定へ切り替え可能)

Appの起動と同時にカメラマークのカーソルが表示されるので、スクリーンショットしたいウィンドウを選択して撮影します。

↓選択したウィンドウは薄いブルーに変わります。

 

↓撮影したスクリーンショットのサンプルです(ウィンドウの周りに薄いグレーの光彩が表示されます)。

↓画面下左のアイコンをクリックすると、全画面・範囲指定の切り替えができます。

画面収録する方法(全画面・範囲指定)

↓画面下中央のアイコンをクリック→左で全画面、右で範囲を指定して画面収録(動画撮影)することができます。

タイマーを使用して時間差で撮影する方法

↓画面下の「オプション」をクリック→「タイマー」タブで秒数を選択することで、時間差で撮影することができます(タイマーなし・5秒後・10秒後)。