【iPhone】位置情報の許可設定について解説

この記事では、iPhoneの位置情報サービスの許可設定について解説します。

設定Appの「プライバシーとセキュリティ」で設定可能

結論

設定Appの「プライバシーとセキュリティ」を選択→「位置情報サービス」をタップして、以下の設定ができます。

  1. 位置情報サービスを有効にする
  2. 位置情報でマップを表示する
  3. 位置情報の共有を許可する
  4. Appごとに位置情報の利用許可を設定

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの 「プライバシーセキュリティ」をタップ→「位置情報サービス」をタップする

↓設定Appを開きます。


 

↓下にスクロールして、「プライバシーとセキュリティ」をタップします。


 

↓「位置情報サービス」をタップします。


2.位置情報に関する各種設定をして完了

①位置情報サービスを有効にする

↓「位置情報サービス」をONにすると、Appleや他社のApp、Webサイトが、iPhoneの現在位置に基づく情報を収集・使用することを許可することになります。


②位置情報の通知でマップを表示する

↓「位置情報の通知」をタップします。


 

↓「位置情報の通知で“マップ”を表示する」をONにします。


 

↓Appから位置情報の使用に関する通知が届いた時、通知のポップアップ内に地図(マップ)が表示されます。


③位置情報の共有を許可する

↓「位置情報を共有」をタップします。


 

  1. 「iPhoneの探す」設定をONにする→探すApp対応のiPhoneを紛失してしまった時に、探すAppを使用してデバイスを地図上で見つけることができる
  2. 位置情報の共有をONにする→メッセージAppや探すAppで、家族や友達に位置情報を共有できる

④Appごとに位置情報の利用許可を設定する

↓位置情報の設定をするAppを選択してタップします(例:『Google Maps』)。


 

  1. 位置情報の利用を許可するタイミングを選択する(Appによって「常に」の設定が可能)
  2. 「正確な位置情報」をONにする→Appが明確な位置情報を使用することを許可する