【Keynote】スライドショー・プレゼンテーションの再生設定について解説

この記事では、スライドショーの詳細設定について解説します。

書類タブで設定可能

■結論
画面右上の「書類」→「書類」タブでスライドショーの再生に関する下記の項目を設定できます。

  1. スライドショー設定:スライドショーの再生方法を設定
  2. プレゼンテーションタイプ:スライドの進め方を設定
  3. スライドのサイズ

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

画面右上の「書類」→「書類」タブをクリックして設定していきます。

1.「スライドショー設定」で再生方法を設定

開いたら自動再生する

「開いたら自動再生する」のチェックボックスにチェックします。

ファイルを開くと、編集画面を経由せずに自動でスライドショーの再生が開始されます。

スライドショーの再生を繰り返す

「スライドショーの再生を繰り返す」のチェックボックスにチェックします。

スライドショーを繰り返し再生(最後のスライドが終わると最初のスライドに戻る)ができるようになります。
『esc』キーを押下することでスライドショーを終了できます。

スライドショー再開までの待機時間

「スライドショー再生までに待機時間」のチェックボックスにチェックします。

チェックすると1分単位で時間を指定できます。
時間の指定をすることで、停止していたスライドショーが指定した時間を経過すると自動で再開します。

2.「プレゼンテーションタイプ」でスライドの進め方を設定

「プレゼンテーションタイプ」タブのプルダウンをクリックして、スライドの進め方を設定していきます。

通常

キーボードの押下、または、右クリックでプレゼンテーションを進めていくことができます。

リンクのみ

リンク先が追加されたスライドのみが再生可能になります。

 

『control』キーを押下しながらオブジェクトをクリックすると、オブジェクトにリンク(スライド、Webページ、メール、電話番号)を追加できます。

 

リンクが追加されるとブルーの矢印が表示されます。

自動再生

スライドショーを再生すると、動画のように自動的に再生されていきます。

 

プルダウン下の「遅れ」で、
  • 「トランジション」→次のスライドへ変わるまでの時間(例:スライド1終了後にスライド2が表示されるまでの時間)
  • 「ビルド」→前のエフェクトから次のエフェクトを表示するまでの時間(例:本文が左側から登場してから本文が消えるまでの時間)
を1秒単位で設定できます。

3.「スライドのサイズ」を設定

「スライドのサイズ」タブのプルダウンをクリックしてサイズを設定していきます。

設定できるスライドのサイズは以下の通りです。
  • 標準(4:3)
  • ワイドスクリーン(16:9)
  • カスタムのスライドサイズ

 

標準(4:3)サイズはこちらです。

デフォルトで設定されているサイズになります。

 

ワイドスクリーン(16:9)サイズはこちらです。
YouTube動画で使用されるサイズになります。

 

カスタムのスライドサイズでは、任意の値を入力してサイズを設定できます。