【Keynote】スライドレイアウト(マスタースライド)の設定・編集方法

この記事では、スライドレイアウト(マスタースライド)の設定・編集方法について解説します。

「フォーマット」の「スライド」タブで設定・編集可能

■結論
「フォーマット」の「スライド」タブで以下の項目を設定・編集できます。

  1. スライドのレイアウトを選択可能
  2. アピアランス(スライドの外観)の設定:タイトル・本文・ページ番号の表示/非表示を設定可能
  3. 背景を塗りつぶすカラーを設定可能
  4. スライドレイアウト(マスタースライド)の編集
    • アピアランスの編集
    • アピアランス各項目の配置場所
    • レイヤー化の許可:スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドの違い
    • 背景を塗りつぶすカラー
    • オブジェクトの挿入:プレースホルダの定義について
    • 編集を終了

具体例

以下に具体例を紹介します。

全ての項目が「フォーマット」タブで設定可能です。

1.スライドのレイアウトを選択

「スライド」タブの「スライドレイアウト」をクリック→「レイアウトを選択」します。

選択したレイアウトがスライドに適用されます。

2.アピアランス(スライドの外観)の設定

「スライド」タブの「アピアランス」で設定で、タイトル・本文・ページ番号の表示/非表示を設定できます。

各チェックボックスにチェックを入れることで「タイトル」「本文」「スライド番号」を表示、チェックを外すことで非表示にできます。

3.背景を塗りつぶすカラーを設定

「スライド」タブの「背景」で設定できます。

背景を塗りつぶすカラーを選択できます。
また、背景の塗りつぶし方(グラデーションなど)も設定できます。

4.スライドレイアウト(マスタースライド)の編集

「フォーマット」→「スライド」タブの下部にある「スライドレイアウトを編集」をクリックします。

 

編集画面では、以下の項目を設定・編集できます。

  1. アピアランス(外観)の編集:タイトル・本文・ページ番号・オブジェクトのプレースホルダの表示/非表示
  2. アピリアンスの各項目の配置
  3. レイヤー化の許可
  4. 背景のカラー
  5. オブジェクトの挿入
  6. 編集を終了

 

では、①〜⑥の編集項目について詳細手順を解説していきます。

①アピアランス(スライドの外観)の編集

「アピアランス」では以下の項目のチェックボックスにチェックすることで、それぞれの項目を表示できます。

  • タイトル
  • 本文
  • スライド番号:画面下部
  • オブジェクトのプレースホルダ:テキストボックスや図形、画像などをバランスよく配置するための場所づくり

②アピアランス各項目の配置場所を編集

スライド内にオレンジの横線リーダーが表示されています。

 

リーダーを上下に移動して、まずはアピリアンスの各項目(タイトル、本文、オブジェクトのプレースホルダ)の配置場所を決めます。

リーダー移動中には、Y軸の座標と縦幅に対する比率が表示されます。

 

リーダーに合わせてアピリアンスの各項目(タイトル、本文、オブジェクトのプレースホルダ)をドラッグすると、ピッタリと配置できます。

リーダーを用いることで、全体のレイアウトのバランスを整えることができます。

③レイヤー化の許可

レイヤー化は、スライドレイアウト(マスタースライド)上におけるテキストボックスや画像などのオブジェクトを編集するときに設定します。

レイヤー化を解説する上で、スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドにおけるオブジェクトの使い分けを理解する必要があります。

そこで、まずはスライドレイアウト(マスタースライド)とスライドの違いについて説明し、その後レイヤー化の設定がどのようにオブジェクトに適用されるのかを解説していきます。

スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドにおけるオブジェクトの使い分けをまとめると以下の通りです。

Tips.スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドにおけるオブジェクトの使い分け

  • あるスライドのテンプレートを選択したときに必ず表示したいオブジェクトは、スライドレイアウト(マスタースライド)の編集で設定する必要があります。例)企業のロゴなど
  • 各スライドそれぞれで追加したいオブジェクトは、スライドの編集画面で設定すればよいです。例)グラフや写真など
詳細を解説します。
スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドの違いとは?
  • スライドレイアウト(マスタースライド)

Keynoteにもともと設定されているスライドのテンプレートのことです。

テキストボックスや図形が配置されており、そのテンプレートを使用することで見栄えの良いスライドを簡単に作成できます。

 

  • スライド

スライドレイアウト(マスタースライド)をもとに、テキストや画像を編集してプレゼンの際に使用するスライドのことです。

スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドでは、テキストボックスや画像などオブジェクトの設定・編集がそれぞれ異ります。
スライドレイアウト(マスタースライド)とスライドにおけるオブジェクトの違いとは?
  • スライドレイアウト(マスタースライド)のオブジェクトについて
スライドレイアウト(マスタースライド)上に設定されているテキストボックスや画像のことで、編集した内容はそのレイアウト全体に反映されます。
例)「タイトル&箇条書き」のスライドレイアウト(マスタースライド)のオブジェクトを編集した場合
→既に存在する「タイトル&箇条書き」や新規で追加した「タイトル&箇条書き」に編集したオブジェクトが反映される。
スライドレイアウト(マスタースライド)上で追加
レイアウト全体に反映される

 

  • スライド上のオブジェクトについて

各スライドの編集画面で追加したオブジェクトのことで、編集内容はそのスライドのみに反映されます。

例)「タイトル&箇条書き」のスライド(A)のオブジェクトを編集した場合
→スライド(A)のみにオブジェクトが反映され、他の「タイトル&箇条書き」のスライド(B)〜(D)には反映されない。

スライド上で追加
以上を踏まえた上で、レイヤー化を設定した際、スライドレイアウト(マスタースライド)上でオブジェクトがどのように変化するのか解説します。
レイヤー化の設定によって何が変わるのか?
  • レイヤー化を許可しなかった場合

スライドレイアウト(マスタースライド)の編集画面では表示されるが、スライドの編集画面ではスライドレイアウト(マスタースライド)にデフォルトで設定されていたオブジェクトの背面に隠れてしまい表示されません

スライドレイアウト(マスタースライド)の編集画面
スライドの編集画面

ブルーの馬の図形が隠れてしまいました。

 

  • レイヤー化を許可した場合

スライドの編集画面で、スライドレイアウト(マスタースライド)にデフォルトで設定されていたオブジェクトの前面に重なり表示されます

スライドレイアウト(マスタースライド)の編集画面
スライドの編集画面
レイヤー化の許可についてまとめると以下の通りです。

Tips.レイヤー化の許可について

Keynoteにもともと設定されているスライドレイアウト(マスタースライド)に新規オブジェクトを追加する場合、レイヤー化を許可しないとデフォルトのオブジェクトに隠れて表示されません

スライドごとに掲載したいグラフなどはスライドの編集で追加すれば良いですが、全てのスライドに反映させたい企業のロゴなどはスライドレイアウト(マスタースライド)の編集で設定する必要があります。

そのような場合は、レイヤー化を許可してオブジェクトの背景に隠れないように設定しましょう。

④背景のカラー

「背景」タブでスライド全体の背景を塗りつぶすカラーを選択できます。

カラーの選択以外に、背景の塗りつぶし方などの詳細設定もできます。

⑤オブジェクトの挿入

オブジェクトのプレースホルダ内にオブジェクト(テキストボックスや図形、画像などのメディア)を挿入→プレースホルダとして定義するかどうか選択します。

 

オブジェクトの挿入方法についてはこちらの記事で解説しています。

【Keynote】表・グラフ・図形・コメントなどの挿入方法

 

プレースホルダとして定義するかどうかでスライド上での編集の可否が変わります。

プレースホルダには「メディアプレースホルダ」と「テキストプレースホルダ」がありますが、メディア(画像)ベースかテキストベースかの違いになります。

「プレースホルダとして定義」すると何が変わるのか?
  • 「メディア(テキスト)プレースホルダとして定義」のチェックボックスにチェックを入れた場合

スライドの編集画面でメディアの削除・メディアの変更(テキストボックスの削除・テキストの編集)が可能になります。

メディアの画像アイコンをクリック→他のメディアを選択できます(テキストの場合はテキストボックスをダブルクリックします)。

 

  • 「メディア(テキスト)プレースホルダとして定義」のチェックボックスのチェックを外した場合

スライドの編集画面でメディアの削除・メディアの変更(テキストボックスの削除・テキストの編集)が不可能になります。

 

オブジェクトの挿入についてまとめると以下の通りです。

Tips.プレースホルダとして定義するかどうかでスライド上での編集の可否が変わる

  • 挿入したオブジェクトをスライド上でも編集したい場合は定義します。
    →チェックボックスにチェック
  • 挿入したオブジェクトをスライド上で固定する(編集できないようにする)場合は定義しません。
    →チェックを外す
  • メディアプレースホルダはメディア(画像)がベース、テキストプレースホルダはテキスト(テキストボックスや図形)がベースとなります。

⑥編集を終了

画面下の「終了」をクリックしてスライドレイアウト(マスタースライド)の編集が終了です。

「タイトル&箇条書き」のスライドレイアウトを選択した場合は、編集したレイアウトが適用されます。
以上の手順を踏まえることで、デフォルトのスライドレイアウト(マスタースライド)を好みのレイアウトに編集することができます。