【Keynote】PDFへの変換方法について解説

この記事では、KeynoteをPDFへ変換する方法について解説します。

Keynoteメニューバーの「ファイル」→「書き出す」→「PDF…」を選択

KeynoteをPDF化する手順は以下の通りです。

1.資料作成

↓例として、Keynoteで以下資料を作成しました。

<1スライド目>

<2スライド目>

2.PDF形式で書き出す

↓Keynoteメニューバーの「ファイル」→「書き出す」→「PDF…」を選択し、クリックします。

書き出し設定について

↓書き出しの設定は以下項目があります。
  • 発表者ノートを含める:
    Keynoteにはスライド毎に発表者用のノートを追加でき、それを含めてPDFにする設定です。
  • ビルドの格段をプリント:
    Keynoteではスライドのアニメーションをビルドという単位で管理します。設定すると各ビルド毎のスライドをPDFへ出力できます。例えば、ある段落をフェードアウトさせた後のスライドをピンポイントでPDFにしたい場合などに便利です。
  •  イメージの品質(本サンプルでは、「最高」と「標準」で約10倍の差があったため、シーンによって使い分けたいです。)
    • 最高→本サンプルの場合、1.1MBでした。最高画質で、ビジネスに向いています。
    • 高 →本サンプルの場合、655KBでした。きれいに見えます。プライベート、ビジネスで使えそうです。
    • 標準→本サンプルの場合、127KBでした。画質は結構粗くなります。容量的な問題が特になければ非推奨です。

 

↓PDF形式に書き出し完了です。

3.PDFファイルを確認

↓手順2.までの手順で作成したPDFファイルを開くと、Keynoteで作成した通りに出力できていることがわかります。