【iPhone】キーボードの入力設定・便利な機能について解説

この記事では、iPhoneのキーボードの入力設定やキーボード使用時の便利な機能について解説します。

設定Appの「一般」→「キーボード」で入力設定が可能

結論

設定Appの「一般」を選択→「キーボード」で、以下の項目を設定できます。

  • キーボードの追加・削除
  • ユーザ辞書
  • 片手用キーボード
  • かな入力時のフリック入力
  • 英字の大文字を連続入力(Caps LockをON)

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの「一般」→「キーボード」をタップして設定する

↓設定Appを開きます。


 

↓「一般」をタップします。


 

↓「キーボード」をタップします。


2.各項目の設定について

キーボードの追加・削除

不要なキーボード削除したり、他社のキーボードを追加できます。

↓「キーボード」をタップします。


 

↓キーボードを削除する場合は、右上の「編集」をタップします。


 

↓左の「−」をタップ→「削除」をタップ→「完了」をタップします。


 

↓キーボード左下にあった絵文字キーボードが削除されます。


 

↓キーボードを追加したい(削除したキーボードを元に戻したい)場合は、「新しいキーボードを追加…」をタップします。


 

↓追加したいキーボードを選択します(例:削除した『絵文字』キーボード)。


他社のキーボードをインストールしている場合は、「他社のキーボード」タブから選択します。

 

↓追加したキーボードが表示されます。


他社のキーボードを追加した場合は、左下の地球儀アイコンをタップすることで切り替えることができます。

ユーザ辞書

ユーザ辞書の設定については、以下の記事を参照ください。

【iPhone】よく使う単語をユーザ辞書に登録する方法

片手用キーボード

キーボードを左右に寄せて、片手でも親指がキーボード全体に届くサイズに変更できます。

↓「片手用キーボード」をタップします。


 

↓キーボードを寄せる方向を選択します。


 

↓キーボードが右側(左側)に寄ります。


矢印をタップすることでキーボードのサイズを元に戻せます。

 

↓また、左下の地球儀アイコンを長押しすることで、片手用キーボードを設定することができます。


かな入力時のフリック入力

フリック入力“のみ”に設定すると、キーボード上での数字・英字・かなを切り替えやすくなります。

↓「フリックのみ」をONにします。


 

↓キーボードの左側で数字・英字・かなを切り替えることができます。


 

↓「フリックのみ」をOFFにした場合、キーボードの切り替えに複数タップが必要になります(例:『ABC』で英字に切り替えた場合、かなに戻す際は、一度数字に切り替える必要がある)。


英字の大文字を連続入力(Caps LockをON)

Caps LockをONにすることで、英字キーボード使用時に大文字を連続で入力できるようになります。

↓「Caps Lockの使用」をONにします。


 

↓キーボードの『Shift』キーをダブルタップすることで、大文字を連続で入力できるようになります。


Tips.その他の設定や便利な機能

トラックパッドの起動

トラックパッドを起動することで、カーソルを自由に移動できるようになるので、文字入力がスムーズになります。

↓キーボードの「空白」を長押しします。


 

↓キーボードがトラックバッドに変わり、カーソルを自由に移動できるようになります。


取り消しやコピペなどのアクション実行

↓三本指で画面をタップすることで、取り消しやコピーペーストなどのアクションを実行することができます。


キーボード押下時の音

キーボードを押下した時に、音を鳴らすかどうか設定できます(着信モードがONの時のみに限る)。

↓設定Appの「サウンドと触覚」で設定できます。


 

↓「キーボードのフィードバック」をタップします。


 
↓「サウンド」のON・OFFで切り替えます。


キーボードの触感

キーボードを押下した時の触覚(押下した感覚)を設定できます。

詳細は以下の記事を参照ください。

【iPhone】キーボード入力時の触覚を設定する方法