【iPhone】Apple Payの設定方法

この記事では、iPhoneの設定AppでApple Payを設定する方法を解説します。

設定Appの「ウォレットとApple Pay」で設定可能

結論

設定Appの「ウォレットとApple Pay」で、Apple Payに関する以下の設定ができます。

  1. ウォレットに支払い用カードを追加(クレジットカード、Suicaなどの交通系ICカード)
  2. サイドボタンでApple Payを起動
  3. エクスプレスカードの設定

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの「ウォレットとApple Pay」でApple Payの設定が可能

↓設定Appを開きます。


 

↓「ウォレットとApple Pay」をタップします。


①ウォレットに支払い用カードを追加

↓「支払い用カード」の「カードを追加」をタップします。


 

↓クレジットカードやSuicaなどの交通系ICカードをウォレットに追加します。


 

↓カード情報の入力などを行う→設定したカードはウォレットに追加され、Apple Payで使用できるようになります。


②サイドボタンでApple Payを起動

↓「サイドボタンをダブルクリック」をONにすることで、iPhoneのサイドボタンをダブルクリック→Apple Payを起動してカードやパスを呼び出すことができます。


③エクスプレスカードの設定

交通系ICカード(例:『Suica』など)をエクスプレスカードを設定→改札口などで、Face IDやパスコードなしで使用できます。

また、iPhoneの充電が必要な時でも、カードを使用できる場合があります。

↓「エクスプレスカード」をタップします。


 

  1. ウォレットに追加した交通系ICカードをONにします(例:『Suica』)
  2. 支払い用カードにチェック(例:『楽天カード』)→エクスプレスカードが使用できない場所での運賃の支払いに利用できる