【iPhone】デバイスから個人データを消去して初期化する方法

この記事では、iPhoneの設定Appでデバイスから個人データを消去して初期化する方法について解説します。

iCloudからサインアウトしてからデバイスを消去する

結論

iPhoneを売却、譲渡、下取りに出す前に、デバイスから個人情報を削除して初期化する必要があります。

  1. 設定Appの「ユーザー名」をタップ→「サインアウト」をタップしてiCloud、iTunes Store、App Storeからサインアウトします。
  2. 設定Appの「一般」をタップ→「転送またはiPhoneをリセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「このiPhoneを消去」をタップ→iPhoneのパスコードを入力後、デバイスが消去され初期化が完了します。

※iCloudからサイアウトした後にデバイスを消去しないと、iCloud にサインインしている他のデバイスからもコンテンツが削除されてしまいます。

詳細手順

以下に、詳細手順を紹介します。

1.設定Appの「ユーザー名」をタップ→iCloudからサインアウトする

↓設定Appを開きます。


 

↓「ユーザー名」をタップします。


 

↓下にスクロールして、「サインアウト」をタップします。


 

↓Apple IDのパスワードを入力後、右上の「サインアウト」をタップします。


 

↓確認のポップアップが表示されるので「サインアウト」をタップ→iCloudデータのコピーが行われiCloud、iTunes Store、App Storeからのサインアウトが完了します。


iCloudからサイアウトした後にデバイスを消去しないと、iCloud にサインインしている他のデバイスからもコンテンツが削除されてしまいます。

Tips.「制限されているためサインアウトできません」と表示された場合

↓以下の表示が出ており、サインアウトができないときの手順を解説します。


 

↓設定Appの「スクリーンタイム」をタップします。


 

↓「スクリーンタイムパスコードを変更」をタップします。


 

↓「スクリーンタイムパスコードをオフ」をタップ→一度設定Appを閉じてから、再度「ユーザー名」をタップするとサインアウトできるようになります。


2.設定Appの「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」をタップしてデバイスを消去する

↓設定Appの「一般」をタップします。


 

↓下にスクロールして、「転送またはiPhoneをリセット」をタップします。


 

↓「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。


 

↓「続ける」をタップします(サインアウトしたiPhoneの場合、画像内の「Apple ID」と「探す」は表示されません)。


 

↓iPhoneのパスコード入力後、「データとeSIMを消去」をタップします(手順のサンプルでは既にeSIMの移行が完了しています)。


 

再度iPhoneのパスコードを入力→デバイスが消去(個人データが消去)されて初期化が完了します。