【iMovie】YouTubeへの動画アップロード方法

この記事では、iMovieで編集した動画をYouTubeへアップロードする方法を解説します。

前編の動画編集、書き出しの手順についての記事はこちらです。

【iMovie】動画編集・書き出しの方法

↑記事の手順を踏まえた上で、既に動画が書き出されて保存された状態から説明していきます。

Macでの詳細手順

以下で、Macにおける詳細手順を解説します。

手順の概要

  • YouTube Studioから動画をアップロードする方法
  • アップロードの際の設定項目

※アップロードに必須でない項目は、解説を省略しています。

YouTube Studioとは
YouTubeチャンネルと投稿した動画を管理するページです。

1.YouTubeのホーム画面から動画をアップロードする

画面右上の「作成ボタン(ビデオマーク)」をクリックし、「動画をアップロード」をクリックします。

アップロードする動画ファイルを選択する画面が表示されます。
「ファイルを選択」をクリックします。
動画ファイルを選択して「アップロード」をクリックします。

2.動画の各種設定を行いアップロード完了

詳細設定

詳細画面が表示されたら、以下の項目を設定して「次へ」をクリックします。

  • 動画タイトル(必須
  • 概要欄
  • サムネイル
  • 再生リスト
  • 子ども向けのコンテンツかどうか(必須

動画の要素設定

必須の設定項目は特にありません。

任意に選択してください。

設定後、「次へ」をクリックします。

著作権のチェック

著作権に関する問題が自動で検出されます。

問題なければ、「次へ」をクリックします。

公開設定

動画の公開形式と公開スケジュールを設定します。

公開形式は「非公開」、「限定公開」、「公開」から選択できます。

公開スケジュールを設定することで、動画がYouTube上に公開される時間を決めることができます。

公開設定が完了したら、「保存」ボタンをクリックします。

以下の画面が表示されたらアップロード完了です。

iPadでの詳細手順

以下で、iPadにおける詳細手順を解説します。

■手順の概要

  • iPadからYouTubeへ動画をアップロードする方法
  • アップロードの際の設定項目

※App版のYouTubeからのアップロード手順です。
※アップロードに必須でない項目は、解説を省略しています。

1.YouTubeのホーム画面から動画をアップロードする

画面下部の「+」ボタンをクリックします。

 

アップロードする動画を選択します。

画面右上の「次へ」をタップします。

2.動画の各種設定を行いアップロード完了

詳細設定

「詳細を追加」という画面が表示されたら、①以下の項目を設定→②「次へ」をクリックします。

  • 動画タイトル
  • 概要欄
  • 公開設定
  • 場所
  • 再生リスト

視聴者層の選択

「視聴者層を選択」という画面が表示されたら、以下の項目を設定します。

  • 子ども向けの動画か(必須)
  • 年齢制限

「アップロード」をクリックしてアップロード完了です。

iPhoneでの詳細手順

以下で、iPhoneにおける詳細手順を解説します。

■手順の概要

  • iPhoneからYouTubeへ動画をアップロードする方法
  • アップロードの際の設定項目

※App版のYouTubeからのアップロード手順です。
※アップロードに必須でない項目は、解説を省略しています。

1.YouTubeのホーム画面から動画をアップロードする

画面下部の「+」ボタンをクリックします。

 

「動画のアップロード」をクリックします。

アップロードする動画を選択します。
画面右上の「次へ」をタップします。

2.動画の各種設定を行いアップロード完了

詳細設定

「詳細を追加」という画面が表示されたら、以下の項目を設定して「次へ」をクリックします。

  • 動画タイトル
  • 概要欄
  • 公開設定
  • 場所
  • 再生リスト

視聴者層の選択

「視聴者層を選択」という画面が表示されたら、以下の項目を設定します。

  • 子ども向けの動画か(必須)
  • 年齢制限

「アップロード」をクリックしてアップロード完了です。