【iMovie】クリップの速度を変換する方法

この記事では、クリップの速度を変換する方法を解説します。

概要

クリップの速度変換で設定できる項目

  • 「遅く」:10%、25%、50%、自動
  • 「速く」:2×、4×、8×、20×
  • 「フリーズフレーム」:設定した継続時間のフレームがフリーズする
  • 「カスタム」

詳細手順

以下に詳細手順を解説します。

1.速度変換するクリップを選択→「速度」を選択して設定項目を表示する

①クリップを選択→②「速度」をクリック→③設定項目を表示します。

2.任意の速度に変換して設定完了

「遅く」の設定

10%25%50%自動のいずれかを選択→②クリップに速度が適用されます。

元のクリップの速度よりも遅くなったので、クリップ内に亀のマークが表示されました。

「速く」の設定

20×のいずれかを選択→②クリップに速度が適用されます。

元のクリップの速度よりも速くなったので、クリップ内にうさぎのマークが表示されました。

「フリーズフレーム」の設定

①フリーズさせる継続時間を設定→②フリーズさせる範囲を黄色のフレームで指定します。

「フリーズフレーム」に手のマークが表示されました。

「カスタム」の設定

①カスタム速度をで入力→②クリップに速度が適用されます。

クリップ内に表示される丸いボタンを左右へ移動することで、速度変換を行うことも可能です。