【iMovie】タイムラインを拡大・縮小するショートカット

この記事では、タイムラインを拡大・縮小するショートカットについて解説します。

使い方

コマンド:「command+「

上記コマンドを同時に押下する毎に、タイムラインの横幅を1段階ずつ拡大できます。

※USキーボードの場合、メニューバーの入力ソースを「ABC」または「英字」に変更してAppを再起動することで、コマンド:「command」+「」が使用できるようになります(「=」キーが「+」に当たる)。

コマンド:「command+「

上記コマンドを同時に押下する毎に、タイムラインの横幅を1段階ずつ縮小できます。

コマンド:「command+「shift」+「

上記コマンドを同時に押下する毎に、タイムラインの縦横比を1段階ずつ拡大できます。

※USキーボードの場合、メニューバーの入力ソースを「ABC」または「英字」に変更してAppを再起動することで、コマンド:「command」+「shift」+「」が使用できるようになります(「=」キーが「+」に当たる)。

コマンド:「command+「shift」+「

上記コマンドを同時に押下する毎に、タイムラインの縦横比を1段階ずつ縮小できます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「command」+「+」を同時に押下→横幅を拡大

↓コマンドを押下すると、タイムライン上のクリップの横幅が1段階ずつ拡大します。

Tips.USキーボードの場合

↓メニューバーの入力ソースをクリック→「ABC」または「英字」を選択してAppを再起動することで、コマンドが使用できるようになります。

2.「command」+「」を同時に押下→横幅を縮小

↓コマンドを押下すると、タイムライン上のクリップの横幅が1段階ずつ縮小します。

3.「command」+「shift」+「+」を同時に押下→縦横比を拡大

↓コマンドを押下すると、タイムライン上のクリップの縦横比が1段階ずつ拡大します。

4.「command」+「shift」+「」を同時に押下→縦横比を縮小

↓コマンドを押下すると、タイムライン上のクリップの縦横比が1段階ずつ縮小します。