【iMovie】動画編集する前の準備について解説

この記事では、iMovieで動画編集する前に必要な準備について解説します。

Macでの詳細手順

以下で、Macにおける詳細手順を解説します。

手順の概要

フォルダ・ライブラリ・プロジェクトを作成して素材を読み込む

  1. 編集素材や編集済みの動画、ライブラリやプロジェクトを全て保存するフォルダを作成します。
  2. 新規ライブラリと新規プロジェクトを作成し、素材となる動画を読み込みます。

用語の解説

  • ライブラリ:プロジェクトや素材となる動画を保存しておく場所
  • プロジェクト:作成する動画

1.素材や作成した動画や保存するフォルダを作成

『imovie』フォルダを作成し、その中に『test』フォルダを作成します。

『test』フォルダ内に編集素材を保存します。

2.iMoveiを開き、ライブラリを作成

iMovieを開くと編集画面が表示されます。

ライブラリ『Lib-test』を新規作成し、フォルダ『test』へ保存します。

サイドバーにライブラリ『Lib-test』が表示されました。

 

次に、デフォルトのライブラリ(iMovieライブラリ)を閉じておきます。

※素材となる動画をライブラリ『Lib-test』へ取り込むために必要な作業となります。

 

デフォルトのライブラリを閉じると以下の画面になるため、プロジェクト作成へ進みます。

Tips.共通素材のライブラリ作成
他の動画にも共通して使用する素材(OPやED、アイキャッチなど)がある場合、専用のライブラリを作成して動画を取り込んでおくと、効率良く編集作業を行うことができます。

4.プロジェクトを作成

プロジェクトを新規作成します。

今回は「ムービー」の作成を選択します。

 

左上の「プロジェクト」をクリックして、プロジェクト名を『Prj-test』に変更して「OK」をクリックします。

 

プロジェクト一覧画面に切り替わり『Prj-test』が表示されるので、ダブルクリックしてプロジェクトを開きます。

プロジェクト名が『Prj-test』となって編集画面が表示されました。

5.素材を読み込み準備完了

ライブラリ『Lib-test』を選択して「メディアを読み込む」をクリックします。

フォルダ『test』内に保存した編集素材を選択します。
選択した編集素材が読み込まれました。
以上で、Macでのフォルダ管理と動画編集までの準備が完了しました。

Tips.フォルダ構成について

Finder内では以下のような階層でフォルダが構成されています。

プロジェクト『Pro-test』はFinderには表示されません。
プロジェクトを含めたフォルダ構成は以下の階層になっています。
フォルダ構成を意識して作業することで、動画や素材などがどこにあるかに分かるようになり、作業効率が上がります。

iPadでの詳細手順

以下で、iPadにおける詳細手順を解説します。

手順の概要

iMovieを起動し、写真アプリ内の素材を読み込む

  1. 編集素材がiPadの写真アプリ内にある状態でiMovieを起動します。
  2. 新規プロジェクトを作成し、写真アプリ内の素材となる動画を読み込みます。

1.iMovieを起動→プロジェクトを新規作成

iMovieを起動し「プロジェクトを作成」を選択します。

今回は「ムービー」を選択します。

2.素材を選択して準備完了

「メディア」を選択する画面が表示されるので、編集素材となる動画を選択し「ムービーを作成」をクリックします。

選択した編集素材が読み込まれ、動画編集画面が表示されました。
以上で、iPadにおける動画編集までの準備が完了しました。

iPhoneでの詳細手順

以下で、iPhoneにおける詳細手順を解説します。

手順の概要

iMovieを起動し、写真アプリ内の素材を読み込む

  1. 編集素材がiPhoneの写真アプリ内にある状態でiMovieを起動します。
  2. 新規プロジェクトを作成し、写真アプリ内の素材となる動画を読み込みます。

1.iMovieを起動→プロジェクトを新規作成

iMovieを起動し「プロジェクトを作成」を選択します。

今回は「ムービー」を選択します。

2.素材を選択して準備完了

1.の手順後、「モーメント」が表示されます。

「モーメント」には、保存されている画像や動画が撮影日時や場所ごとに分類されて表示されます。

「モーメント」内の編集素材を選択→画面下の「ムービーを作成」をクリックして準備完了となります。

 

もし、「モーメント」内に編集素材がない場合は「メディア」を選択します。

 

任意の項目から、編集素材となる動画を選択し「ムービーを作成」をクリックします。

選択した編集素材が読み込まれ、動画編集画面が表示されました。
以上で、iPhoneでの動画編集までの準備が完了しました。
続きの記事はこちらです。