【iMovie】ピクチャ・イン・ピクチャの設定方法

この記事では、MacのiMovieでピクチャ・イン・ピクチャを設定する方法を解説します。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」を設定→同一クリップ内に2つの動画を表示可能

結論

「ピクチャ・イン・ピクチャ」とは、あるクリップを別のクリップに埋め込み、同一クリップ内に2つの動画を表示する方法で、以下の項目を設定できます。

  • 拡大・縮小
  • トランジションのスタイル
  • トランジションの継続時間
  • 境界線
  • シャドウ

※「ピクチャ・イン・ピクチャ」の例


詳細手順

以下に詳細手順を解説します。

1.「ピクチャ・イン・ピクチャ」で埋め込むクリップを選択する

↓クリップを選択→背景となるクリップ上にドラッグ&ドロップします。



2.ビデオオーバーレイ設定で各種設定を行い完了

設定準備

  1. 画面右上の「ビデオオーバーレイ設定」をクリック
  2. 矢印のプルダウンをクリック
  3. 「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択します。

 

↓クリップが埋め込まれ「ピクチャ・イン・ピクチャ」の設定準備ができます。


拡大・縮小

↓埋め込まれたクリップの四隅のカーソルをピンチして移動することで、拡大・縮小ができます。


埋め込まれたクリップをドラッグすることで、表示場所の移動もできます。

トランジションのスタイル

↓埋め込まれたクリップのトランジション(表示方法)は以下の3つから選択できます。

  1. ディゾルブ
  2. 拡大/縮小
  3. 入れ替える

 

各トランジションの例を以下に記載しました。

①ディゾルブ

 

②拡大/縮小

 

③入れ替える

トランジションの継続時間

↓任意の継続時間を入力します(例:『0.5秒』)。


境界線

各境界線の例を以下に記載しました。

↓埋め込まれたクリップの境界線の種類(3種)とカラーを設定できます。


①境界線なし

 

②細線

 

③太線

シャドウ

↓埋め込まれたクリップにシャドウ(影)を付けることができます。


Tips.参考動画

  • トランジション:ディゾルブ、0.5秒
  • 境界線:太線、シルバー
  • シャドウ:あり