【iMovie】動画にモザイクを入れる方法

この記事では、Mac・iPad・iPhone標準の動画編集ソフトであるiMovieでモザイクやぼかしを入れる方法ついて解説します。

モザイクを入れる標準機能はない

結論を申し上げると、残念ながらiMovie自体にモザイク・ぼかしをかけるエフェクト機能は備わっていません。

そこで、iMovieに備わる「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能と表計算ソフトNumbersとの合わせ技で、動画内の一部の対象物にモザイク処理を行う方法を紹介します。

今回の手順で作成されるモザイク処理では、↓のようになります。

 

※カモ1羽にブラックのモザイクをかけています。

非常に簡易的なモザイク処理ですが、Mac・iPad・iPhone標準のソフトのみで完結します。

モザイク処理について、以下のテクニックを解説していきます。

モザイク処理に関するテクニック

  1. Numbersでモザイク用の画像を作成
  2. 「ピクチャ・イン・ピクチャ」でモザイク画像を挿入

Macでモザイクを入れる方法

1.Numbersでモザイク用の画像を作成

Numbersでの図形の作成についてはこちらの記事をどうぞ

【Numbers】図形の表示方法

 

今回はブラックの四角形を作成します。

図形の内側に沿ってスクリーンショットします。

iMovieへ読み込む際に自動的に長方形となるため正方形のままで構いません。

以上でモザイク用の画像の完成です。

2.「ピクチャ・イン・ピクチャ」でモザイク画像を挿入

1.で作成したモザイク用の画像を読み込みます。

モザイク画像をクリップに重ねます。

 

モザイク画像の長さを調整します。

 

モザイクの対象物が画面から消えるところにマーカーをつけ、スナップ機能をONにすることで長さの調整が楽にできます。

【iMovie】マーカーを付けるショートカット

【iMovie】スナップ機能を適用するショートカット

 

続いて「ピクチャ・イン・ピクチャ」の処理を行います。

  1. クリップを選択する
  2. 画面右上の「ビデオオーバーレイ設定」をクリック
  3. 「ピクチャ・イン・ピクチャ」をクリック

 

デフォルトでは、「ピクチャ・イン・ピクチャ」の表示がフェードイン→フェードアウトしていくようになっています。

クリップの左右上部のフェードインとフェードアウトのボタンを限界まで左右に移動します。

 

↓のカモ1羽が画面から消えるまでモザイクがかかるようにしていきます。

 

モザイク画像を対象物に重ねます。

 

モザイク画像のサイズを調整します。

 

対象物がモザイクから出てくる直前まで右のカーソルキーを押下して、直前でクリップを分割します。

【iMovie】クリップを分割するショートカット

 

分割箇所から右のカーソルキーを押下して、対象物が出てきたところで、

  1. 対象物が隠れるようにモザイクを移動
  2. クリップを分割

します。

 

この作業をひたすら繰り返します。

時間はかかりますが、分割するクリップの長さを短くするほどモザイクが対象物を追従する流れがスムーズになります。

 

クリップを再生して、対象物が現れないようにモザイク画像の位置を微調整してください。

 

以上で動画内の対象物にモザイクを入れることができました。

 

Tips.さらに質の高いモザイクをかけたい場合

モザイク画像を作成する際、Numbersではなく、フリー素材やモザイク画像を作成できるアプリを使用すれば、より本格的なモザイク処理を行えると思います。

iPadでモザイクを入れる方法

Mac同様、iMovieにモザイクを入れる機能がないため、「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能と表計算ソフトNumbersとの合わせ技で、動画内の一部の対象物にモザイク処理を行う方法を紹介します。

1.Numbersでモザイク用の画像を作成

Numbersでの図形の作成についてはこちらの記事をどうぞ

【Numbers】図形の表示方法

 

今回はブラックの四角形を作成します。

 

画面をスクリーンショットして、写真アプリで四角形を任意のサイズでトリミングします。

今回は横長の長方形でトリミングします。

 

 

以上でモザイク用の画像の完成です。

2.「ピクチャ・イン・ピクチャ」でモザイク画像を挿入

1.で作成したモザイク用の画像を読み込みます。

読み込み画面でモザイク画像をタップします。

 

 

「三点リーダー」をタップします。

 

 

「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップします。

 

 

モザイク画像が「ピクチャ・イン・ピクチャ」で読み込まれました。

 

では、↓のカモ1羽が画面から消えるまでモザイクがかかるようにしていきます。

 

 

モザイク画像を対象物に重ねます。

  1. 画面右側の十字アイコンをタップ
  2. モザイク画像を対象物に重なるようにドラッグ(移動)

 

ピンチして(つまんで)モザイク画像のサイズを調整します。

 

 

画面右側の枠線アイコンをタップして枠線を消します。

 

対象物がモザイクから出てくるまで動画のクリップをスクロール→動画のクリップを分割します。

 

 

モザイク画像のクリップの長さを動画クリップの分割箇所まで短くします。

 

次の動画のクリップをスクロールして、対象物の動くスピードに合わせて動画のクリップを分割します。

 

 

 

動画クリップをタップしてモザイク画像を再度「ピクチャ・イン・ピクチャ」で挿入します。

 

 

挿入したモザイク画像のクリップを、直前のモザイク画像のクリップと合うように長くします。

 

 

また、モザイク画像のクリップを動画クリップの分割箇所まで短くします。

 

 

動画クリップの右側の分割箇所にカーソルを合わせた状態で、対象物がモザイクから出てくる直前の場所にモザイク画像を移動して、サイズ変更・枠線を消す操作を行います。

 

 

この作業をひたすら繰り返します。

※作業中、画面右上の素材を表示し続けた方が作業効率が高くなります。

 

時間はかかりますが、分割するクリップの長さを短くするほどモザイクが対象物を追従する流れがスムーズになります。

 

クリップを再生して、対象物が現れないようにモザイク画像の位置を微調整してください。

 

以上で動画内の対象物にモザイクを入れることができました。

 

Tips.さらに質の高いモザイクをかけたい場合

モザイク画像を作成する際、Numbersではなく、フリー素材やモザイク画像を作成できるアプリを使用すれば、より本格的なモザイク処理を行えると思います。

iPhoneでモザイクを入れる方法

Mac同様、iMovieにモザイクを入れる機能がないため、「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能と表計算ソフトNumbersとの合わせ技で、動画内の一部の対象物にモザイク処理を行う方法を紹介します。

1.Numbersでモザイク用の画像を作成

Numbersでの図形の作成についてはこちらの記事をどうぞ

【Numbers】図形の表示方法

 

今回はブラックの四角形を作成します。

 

画面をスクリーンショットして、写真アプリで四角形を任意のサイズでトリミングします。

今回は横長の長方形でトリミングします。

 

以上でモザイク用の画像の完成です。

2.「ピクチャ・イン・ピクチャ」でモザイク画像を挿入

1.で作成したモザイク用の画像を読み込みます。

読み込み画面でモザイク画像をタップします。

 

「三点リーダー」をタップします。

 

「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップします。

モザイク画像が「ピクチャ・イン・ピクチャ」で読み込まれました。

 

では、↓のカモ1羽が画面から消えるまでモザイクがかかるようにしていきます。

 

モザイク画像を対象物に重ねます。

  1. 画面右側の十字アイコンをタップ
  2. モザイク画像を対象物に重なるようにドラッグ(移動)
ピンチして(つまんで)モザイク画像のサイズを調整します。

 

画面右側の枠線アイコンをタップして枠線を消します。

対象物がモザイクから出てくるまで動画のクリップをスクロール→動画のクリップを分割します。

モザイク画像のクリップの長さを動画クリップの分割箇所まで短くします。
次の動画のクリップをスクロールして、対象物の動くスピードに合わせて動画のクリップを分割します。

 

動画クリップをタップしてモザイク画像を再度「ピクチャ・イン・ピクチャ」で挿入します。

 

挿入したモザイク画像のクリップを、直前のモザイク画像のクリップと合うように長くします。

 

また、モザイク画像のクリップを動画クリップの分割箇所まで短くします。

 

動画クリップの右側の分割箇所にカーソルを合わせた状態で、対象物がモザイクから出てくる直前の場所にモザイク画像を移動して、サイズ変更・枠線を消す操作を行います。

 

この作業をひたすら繰り返します。

時間はかかりますが、分割するクリップの長さを短くするほどモザイクが対象物を追従する流れがスムーズになります。

 

クリップを再生して、対象物が現れないようにモザイク画像の位置を微調整してください。

 

以上で動画内の対象物にモザイクを入れることができました。

 

Tips.さらに質の高いモザイクをかけたい場合

モザイク画像を作成する際、Numbersではなく、フリー素材やモザイク画像を作成できるアプリを使用すれば、より本格的なモザイク処理を行えると思います。