【iMovie】カット編集のやり方について解説

この記事では、Mac・iPad・iPhone標準の動画編集ソフトであるiMovieでカット編集する方法ついて解説します。

カット編集とは動画素材の不要な部分をカットして動画を編集する方法です。

では、カット編集に関する以下のテクニックについて解説していきます。

カット編集に関するテクニック

  1. 動画をカットする方法(ショートカット)
  2. カットを元に戻す方法(ショートカット)
  3. カットした動画をつなげる
  4. カットの保存について
  5. 音楽をカットする方法

Macでのカット編集のやり方

1.動画をカットするショートカット

コマンド:「command」+「B」
↓の画像で示す不要な部分をカットしていきます。
不要部分の最初と最後にそれぞれカーソルを合わせてコマンドを押下します。
カットが入りました。
不要部分にカーソルを合わせて『delete』キーを押下して削除します。

Tips.カットする場所に目印をつけておく方法

マークアップのショートカット(コマンド:「M」)を使用することで、後からカットを入れる場所に目印をつけておくことができます。

また、スナップ機能(コマンド:「N」)を適用しておくことでマークアップの目印にぴったりカーソルを合わせることができるため、目印とズレることなく動画をカットすることができます。

2.カットを元に戻すショートカット

コマンド:「command」+「Z」
カットの直後であればコマンドを押下することで、直前のカットを元に戻せます。
カット編集の後に別の編集作業が入った場合にはすぐには元に戻せないので注意しましょう。

Tips.後になってからカット編集を元に戻したくなった場合

  1. クリップ(動画素材のこと)の端にカーソルを合わせて左右に向いた矢印を表示します。
  2. カーソルを左右に移動することでクリップの長さを変更できるので、カットした部分を復活させることができます。

3.カットした動画をつなげる

カット編集を行なった場合、前後のクリップ(動画素材のこと)は自動的につながります。

クリップを移動した場合も同様です。

4.カットの保存について

カット編集に限らず、iMovieでは編集作業全てが自動保存されるので安心してください。

作業を元に戻したい場合は、元に戻すショートカット(コマンド:「command」+「Z」)を使用しましょう。

5.音楽をカットする方法

コマンド:「 command」+「B」
音楽をカットする場合も、動画のカット編集と同じです。
↓の画像で示す不要な部分をカットしていきます。
不要部分の最初と最後にそれぞれカーソルを合わせてコマンドを押下します。
カットが入りました。
不要部分にカーソルを合わせて『delete』キーを押下して削除します。
音楽は動画と違い削除した部分が空白になるので、どちらかのクリップ(音楽の素材)を移動してつなげます。

Tips.スナップ機能をONにしておくこと

不要な部分を削除して空白を埋める際に音楽のクリップ(音楽の素材)を移動します。
この時、コマンド:「N」を押下してスナップ機能(自動的にクリップ同士をぴったりつなげる機能)をONにしておきましょう。

スナップ機能がOFFの場合、クリップの移動によって前後のクリップが押されて短くなってしまいます
これを防ぐためにスナップ機能をONにしておきます。

しかし、スナップ機能がONの状態でも、クリップを移動しすぎると前後のクリップが押されてしまうので注意してください。

iPadでのカット編集のやり方

1.動画をカットする方法

カーソルの位置が固定されているため、カットを入れたい場所にカーソルが合うようにクリップ(動画素材のこと)を左右にスクロールします。

クリップをタップして画面下に「分割・複製・削除」の項目を表示して「分割」をタップします。
カットが入りました。
不要な部分の前後にカットを入れて、不要なクリップをタップ→画面右下の「削除」をタップします。

削除されました。

2.カットを元に戻す方法

カットの直後であれば、画面中央右側の前に戻るボタンをタップすること直前のカットを元に戻せます。
カット編集の後に別の編集作業が入った場合にはすぐには元に戻せないので注意しましょう。

Tips.後になってからカット編集を元に戻したくなった場合

  1. クリップ(動画素材のこと)の端をタップしながら左右に移動することでクリップの長さを変更できるので、カットした部分を復活させることができます。

3.カットした動画をつなげる

カット編集を行なった場合、前後のクリップ(動画素材のこと)は自動的につながります。

クリップを移動した場合も同様です。

4.カットの保存について

カット編集に限らず、iMovieでは編集作業全てが自動保存されるので安心してください。

作業を元に戻したい場合は、画面中央右側の前に戻るボタンをタップしましょう。

5.音楽をカットする方法

音楽をカットする場合も、動画のカット編集と同じです。
カットを入れたい場所にカーソルが合うようにクリップ(音楽素材のこと)を左右にスクロールします。
クリップをタップ→画面下に「分割・フォアグラウンド・複製」の項目を表示して「分割」をタップします。
カットが入りました。
不要なクリップをタップ→画面右下の「削除」をタップします。
削除されました。

iPhoneでのカット編集のやり方

1.動画をカットする方法

カーソルの位置が固定されているため、カットを入れたい場所にカーソルが合うようにクリップ(動画素材のこと)を左右にスクロールします。

クリップをタップ→画面右下に「分割・複製・削除」の項目を表示して「分割」をタップします。
カットが入りました。
不要な部分の前後にカットを入れて、不要クリップをタップ→画面右下に「分割・複製・削除」の項目を表示して「削除」をタップします。

削除されました。

2.カットを元に戻す方法

カットの直後であれば、画面中央右側の前に戻るボタンをタップすること直前のカットを元に戻せます。
カット編集の後に別の編集作業が入った場合にはすぐには元に戻せないので注意しましょう。

Tips.後になってからカット編集を元に戻したくなった場合

  1. クリップ(動画素材のこと)の端をタップしながら左右に移動することでクリップの長さを変更できるので、カットした部分を復活させることができます。

3.カットした動画をつなげる

カット編集を行なった場合、前後のクリップ(動画素材のこと)は自動的につながります。

クリップを移動した場合も同様です。

4.カットの保存について

カット編集に限らず、iMovieでは編集作業全てが自動保存されるので安心してください。

作業を元に戻したい場合は、画面中央右側の前に戻るボタンをタップしましょう。

5.音楽をカットする方法

音楽をカットする場合も、動画のカット編集と同じです。
カットを入れたい場所にカーソルが合うようにクリップ(音楽素材のこと)を左右にスクロールします。
クリップをタップ→画面下に「分割・フォアグラウンド・複製・削除」の項目を表示して「分割」をタップします。
カットが入りました。
不要なクリップをタップ→画面右下の「削除」をタップします。

削除されました。