【iMovie】映像の表示領域を変更する方法【画像のトリミング相当】

この記事では、Mac・iPad・iPhone標準の動画編集ソフトであるiMovieで、映像の表示領域を変更する方法ついて解説します。

※Macでは「クロップ」機能、iPad・iPhoneでは「拡大縮小」機能を使用することで、映像の表示領域を変更できます。

  • クロップとは、画像編集における「トリミング」に相当する機能で、映像の表示領域を変更(サイズを変更)することができます。
  • 拡大縮小とは、画面をピンチして(指でつまんで)、映像の表示領域を変更(サイズを変更)することができます。

Macで映像の表示領域を変更する方法

1.クロップアイコンを選択→サイズを調整して完了

  1. 対象のクリップを選択
  2. 「クロップ」アイコンをクリック
  3. 「サイズを調整してクロップ」をクリック

↓四隅をドラッグしてサイズを調整→チェックマークをクリックします。


 

↓映像の表示領域が変更されます。


iPadで映像の表示領域を変更する方法

1.拡大縮小アイコンを選択→サイズを調整して完了

↓対象のクリップを選択→「拡大縮小」アイコンをタップします。


 

↓「ピンチで拡大縮小」というテロップを表示します。


 

↓映像をピンチで拡大してサイズを調整します。


 

↓映像の表示領域が変更されます。


iPhoneで映像の表示領域を変更する方法

1.拡大縮小アイコンを選択→サイズを調整して完了

↓対象のクリップを選択→「拡大縮小」アイコンをタップします。


 

↓「ピンチで拡大縮小」というテロップを表示します。


 

↓映像をピンチで拡大してサイズを調整します。


 

↓映像の表示領域が変更されます。