【iPhone】ストレージ容量を確認・解放する方法

この記事では、iPhoneの設定Appでストレージ容量を確認する方法と、空き容量を増やす方法について解説します。

設定Appの「一般」→「iPhoneストレージ」で可能

結論

設定Appの「一般」を選択→「iPhoneストレージ」をタップ→ストレージの使用状況を確認できます。

また、容量不足の際には、Appを取り除いたり削除することで空き容量を増やす(容量を解放する)ことができます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの 「一般」をタップ→「iPhoneストレージ」をタップして容量を確認する

↓設定Appを開きます。


 

↓「一般」をタップします。


 

↓「iPhoneストレージ」をタップします。


 

↓iPhone全体のストレージ容量の使用状況(空き容量)と、App毎の使用容量を確認できます。


2.Appを取り除くor削除して空き容量を増やす

↓Appをタップします(例:『Twitter』を選択)。


 

  1. 「Appを取り除く」をタップ→Appのサイズ分の容量を解放する(例:『243.7』MB)
  2. 「Appを削除」をタップ→Appをアンインストールして容量を解放する(例:『819.2』MB)

「Appを取り除く」を選択した場合、App内の書類とデータは保持されます。

↓また、取り除かれたAppは、App名の横にクラウドのマークが表示されます。


Tips.自動でAppを取り除く設定について

設定Appの「App Store」→「非使用のAppを取り除く」をONにしておくことで、使用していないAppは自動的に取り除かれ、ストレージの空き容量をAppのサイズ分増やすことができます。

詳しい設定方法については、以下の記事を参照ください。

【iPhone】Appのダウンロード設定について解説