【Finder】フォルダの階層(ディレクトリ構造)を解説

この記事では、Finderのフォルダの階層(ディレクトリ構造)について解説します。

「Macintosh  HD」を最上位(ルートディレクトリ)として、各種フォルダが格納されている

結論

↓Finderでは「Macintosh HD」を最上位のディレクトリとして、その配下に以下のようなツリー構造で各種フォルダ・アプリケーションが格納されています。

構造の詳細

以下に構造の詳細を紹介します。

1.「Macintosh  HD」配下の構造

「Macintosh  HD」配下には、以下のフォルダが格納されて(ディレクトリが存在して)います。

  • アプリケーション
  • システム
  • ユーザ
  • ライブラリ

「アプリケーション」配下の構造

「Safari」や「Numbers」といったApple純正のアプリケーションに加え、「LINE」など外部のアプリケーションが格納されています。

また、「Boot Camp アシスタント」や「キーチェーンアクセス」「ターミナル」などのアプリケーションが格納されている「ユーティリティ」フォルダも「アプリケーション」配下にあります。

Tips.「ユーザ」配下の「アプリケーション」との違い

「Macintosh HD」配下の「アプリケーション」フォルダに格納されているアプリケーションは、ユーザ全員が使用できます。

しかし、「ユーザ」配下の「アプリケーション」フォルダに格納されているアプリケーションは、そのアプリケーションをダウンロードしたユーザがMacにログインしていなければ使用できません。

「システム」配下の構造

「Developer」「DriveKit」「iOSSupport」「Volumes」「アプリケーション」「ライブラリ」フォルダが格納されています。

「システム」配下の「アプリケーション」フォルダにはApple純正のアプリケーションのみが格納されています。

「ユーザ」配下の構造

「ユーザフォルダ(例:○○_macbook)」と「共有」フォルダが格納されており、「ユーザフォルダ」には以下のフォルダが格納されています。

  • アプリケーション
  • ダウンロード
  • パブリック
  • ピクチャ
  • ミュージック
  • ムービー

前述した通り、「ユーザ」配下の「アプリケーション」フォルダには「Macintosh  HD」配下の「アプリケーション」と異なり、ログインユーザのみが使用できるアプリケーションが格納されています。