【Final Cut Pro X】縦長のショート動画を作成する方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで縦長のショート動画を作成する方法を解説します。

縦長のショート動画の作成手順

  1. 縦長動画を準備して読み込む
  2. フォーマット&解像度を変更する
  3. 編集→書き出して完成

縦長のショート動画の作り方

1.縦長動画を準備→Final Cut Pro Xを起動して動画を読み込む

↓iPhoneのカメラや画面収録を使用して縦長動画(フォーマット:1080×1920)を準備します。

 

↓Final Cut Pro Xを起動して縦長動画を読み込みます。

2.フォーマット&解像度をショート動画サイズに変更

↓プロジェクトをクリックして、画面右側の「変更」をクリックします。

↓「フォーマット」のプルダウンをクリックします。
↓「カスタム」を選択します。
↓「解像度」を1080×1920に変更して、「OK」をクリックします。
↓フォーマットが変更されます。

3.編集→書き出して完成

↓縦長のフォーマットを保ったまま編集ができます。

↓編集後、ファイルの書き出し画面でも縦長のフォーマットが保たれていることが確認できます。
そのまま書き出すことで縦長のショート動画が完成します。